2016年02月29日

『ダウントン・アビー』ダン・スティーヴンスの新作ドラマが決定

ダウントンアビー シーズン5 』のマシュー役で知られるダン・スティーヴンス。アメリカのネットワーク局の多くから狙われていると先日お伝えした彼の新作ドラマが決まったことが分かった。米Varietyなどが報じている。

ダンが出演するのは、米マーベルがFOXエンターテイメント・グループ傘下のケーブル局FXで立ち上げたTVドラマ『Legion(原題)』。物語の主人公デヴィッド・ホーラーは、十代の頃から精神障害に悩まされ、統合失調症と診断されたことから、病院の入退院を繰り返してきた。しかし、別の患者との奇妙な出会いを通して、今まで幻覚・幻聴と思っていたものは、実は現実だったのではないかと思い至るようになる...。

なお、マーベルのコミックでは、デヴィッドは、ミュータント集団X-MENの創設者プロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)と、ホロコーストの生き残りであるガブリエル・ホーラーの間に生まれた息子、という設定だ。

ダンのほかには、『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』のオーブリー・プラザ、『24 -TWENTY FOUR-』のジーン・スマートなどが出演。

パイロットの脚本と製作総指揮を担当するのは『FARGO/ファーゴ シーズン2』のノア・ホーリー。このほか、ローレン・シュラー・ドナー(『X-MEN: フューチャー&パスト』)、ブライアン・シンガー(『スーパーマン リターンズ』)、サイモン・キンバーグ(『オデッセイ』)などが製作総指揮に名を連ねる。

ダンは本作以外では、アン・ハサウェイ(『プラダを着た悪魔』)共演のアクションスリラー『Colossal(原題)』、エマ・ワトソン(『ハリー・ポッター』)共演の『美女と野獣』のリメイク版、レベッカ・ホール(『パレーズ・エンド』)共演のロマンチックコメディ『Permission(原題)』といった映画が待機中。  


Posted by achile at 15:37Comments(0)