2016年08月22日

ナタリー・ポートマン、「マイティ・ソー」ジェーン役は卒業? 「もう出番はないの」

映画「マイティ・ソー」シリーズに、ジェーン役で出演していたナタリー・ポートマン(35)だが、同シリーズはもう卒業? 今後、公開予定の作品に「出番がない」ことを告白した。
ザマペッツ DVD

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のシリーズ作品として人気の本作で、ナタリーはヒロイン=ジェーンを演じているが、シリーズは続くにも関わらず、彼女の姿を見る機会はもうないのだという。ウェントワース女子刑務所 DVD本人が「Wall Street Journal」のインタビューにて、「私が知っている限り、もう出番はないの」と明かした。

「私が言いたいことは、いつか『アベンジャーズ7』に出演依頼されることがあるかもしれないけど、そんなのはわからないってこと。ザパス DVDいまの私が知る限り、(現在、決まっている作品に)私の出番はないの。でもシリーズの一部となれたことは、最高の出来事だったわ」

現在のところMCUシリーズは、ソーが主人公で撮影中の「Thor: Ragnarök(原題)」(2017年公開予定)や、2018年・2019年公開予定の「アベンジャーズ」第3作&4作までの公開が決定している。死霊のはらわた DVDナタリーいわく、ジェーンがスクリーンに登場する機会は、これらの作品にはないということのようだ。  


Posted by achile at 17:37Comments(0)

2016年08月22日

「W」イ・ジョンソク、ハン・ヒョジュのためにキム・ウィソンにした提案とは?

カン・チョル(イ・ジョンソク) がヨンジュ(ハン・ヒョジュ) のため、ウェブ漫画「W」を完結することにした。

18日に韓国では、MBC水木ドラマ「W二つの世界 DVD」(脚本:ソン・ジェジョン、演出:チョン・デユン) の第9話が放送された。

ヨンジュが全てを夢にしてしまう前に、オ・ソンム(キム・ウィソン) にメッセージを残したカン・チョル。
ラブオンハイスクール DVD

ソンムは現実世界に戻ったヨンジュを通じてカン・チョルのメッセージを受け取った。カン・チョルは「僕はあなたが僕にくれるくそったれな宿命を受け入れます。神様お願い DVDだから、あなたもあなたの成すべきことをしてください。僕のためではなく、あなたの娘のためなら、今度は描けます。『韓国ドラマ W DVD』のハッピーエンディングを」と言った。  


Posted by achile at 15:18Comments(0)

2016年08月19日

歌手Jadu、KBS2ドラマ「女の秘密」OSTを発表

韓国女性歌手Jadu(チャドゥ)が、KBS2ドラマ「女の秘密」OST(オリジナル・サウンドトラック)に参加した。
Jaduは16日0時、各オンライン音源サイトを通して「女の秘密 DVD」OST Part.4となる「私がもしも」を公開した。
1995年に発表された楽曲「私がもしも」をリメイクし、Jaduが再解釈した今回のOSTは、愛する人に向けた愛と信頼の気持ちを歌詞に込め、Jadu特有の爽やかな歌唱で、原曲とはまた違った雰囲気を作り上げた。またオヘヨン OST
一方、2001年にデビューしたJaduは最近、多数のバラエティ番組に出演。歌手としてカムバックするとの意思を明かしている。ドクターズ OST
  


Posted by achile at 17:56Comments(0)

2016年08月18日

最終回『運勢ロマンス』ファン・ジョンウム&リュ・ジュニョル、悪運越えた運命的な愛

ファン・ジョンウムとリュ・ジュニョルが、悪運を越える真の愛を見せた。

MBCの水木ドラマ『運勢ロマンス DVD(原題)』の最終回では、別れ以後チェ・スホ(リュ・ジュニョル)とシム・ボニ(ファン・ジョンウム)の姿が電波に乗った。

チェ・スホはシム・ボニと別れのデートをした後、彼女を送った。以後1年間大変な時間を体験し、次第に安定していった。
彼は1年ぶりに新しいゲームをローンチし、新しい出発をするすべての準備を終えた。そんなチェ・スホの目の前にシム・ボニの妹シム・ボラ(キム・ジミン)が現れた。車椅子に乗ったボラを偶然に助け、彼はシム・ボニの妹であることをすぐに気づいた。

ボニは妹ボラがZEZEソフトにいる事を聞いて駆け付けた。六龍が飛ぶ DVD彼女はイ・タルリムと会って色々な話を交わして結婚式の招待状を受けた。だが、結婚式にチェ・スホが現れることを心配した。それでタルリムは「それが避けると避けられる?会う人はいつか必ず会うようになっている」とアドバイスした。

ボニはゲーム企画公募展に参加し、1次に合格した。彼女はオリエンテーションをするためにソウルに行った。チェ・スホも同じ公募展に参加し、2人は再会した。

ボニはスホとの別れた後、感じた感情に基づいてゲーム“Will”を作った。韓国ドラマ販売スホもボニを向かう心をゲーム“ミラクル”で具現した。2人は別れたが、相変らずお互いを愛し合っていることが各自が作ったゲームの中から感じられた。

ボニは運でなく自身の幸福だけを考えることに決心し、スホはそんなボニの心を再び受け入れた大王の道 DVD。2人は切なく抱き合って再び心を確認した。

ボニとスホは雨が降れば共に雨に降られて解決する堅固な愛を得た。またボニがスホに先にプロポーズしながら永遠の愛を誓った。  


Posted by achile at 14:32Comments(0)

2016年08月17日

オークションの舞台裏を描く『アート・オブ・モア 美と欲望の果て』独占配信スタート!

きらびやかなオークションの舞台裏と人間の策略を描く本格サスペンスドラマ『アートオブモア DVD 美と欲望の果て』のシーズン1が、本日8月1日(月)よりGYAO!にて独占配信となる。

米SONY PICTURES ENTERTAINMENTが運営するオンラインビデオ エンターテインメントネットワーク、「Crackle」初のオリジナルドラマシリーズで、2015年11月の配信開始からわずか2週間でシーズン2の製作が決まった本作には、激安 海外ドラマ『LAW & ORDER』のガードナー・スターン、『ザ・エージェント』のローレンス・マーク、『ニューオーリンズ・トライアル』のゲイリー・フレダーなどがスタッフに名を連ねる。キャストは『マジックシティ 黒い楽園』のクリスチャン・クック、『デイ・アフター・トゥモロー』のデニス・クエイド、『スーパーマン リターンズ』のケイト・ボスワースほか。

ブルックリンのブルーカラー社会で育ったグレアム・コナー。セカンドチャンス DVD米陸軍兵士時代にイラクで関わった骨董品窃盗団とのコネを利用し、ニューヨークの著名なオークションハウス、パーク・メイソン社に取り入り、自分の過去や素性は隠したまま、アカウント・エグゼクティブとしての地位を確立しようと奔走する。ストレンジャーシングス DVDしかし、この魅力的で排他的な世界において、グレアムの隠された素性は、彼のキャリアだけでなく、彼の命までをも危険にさらしていく。

『アート・オブ・モア 美と欲望の果て』シーズン1(全10話)は、8月1日(月)から映像配信サービスGYAO!にて毎週1話ずつ無料配信、月額見放題プラン「プレミアムGYAO!」では全話一挙配信開始。  


Posted by achile at 18:02Comments(0)

2016年08月15日

『13日の金曜日』の感覚は、いま映画の最先端に 様式化とポップ化が進んだ80年代ホラー

 「エンタメ大作の黄金期」である80年代洋画の魅力を多角的な視点から読み解いたムック『私たちが愛した80年代洋画』(辰巳出版)が、8月9日に発売される。リアルサウンド映画部にて編集を担当した同書には、大根仁、武田梨奈、松江哲明の撮り下ろしインタビューのほか、今祥枝、牛津厚信、宇野維正、小野寺系、久保田和馬、さやわか、藤本洋輔、松井一生、松崎健夫、麦倉正樹、森直人ら、レギュラー執筆陣による書き下ろしコラムやレビューを多数掲載し、いまだからこそ見いだせる80年代洋画の価値にスポットを当てている。

 発売に先駆けて、リアルサウンド映画部ではコンテンツの一部を抜粋して掲載。Part.03では、映画評論家・小野寺系による、『13日の金曜日』を軸とした80年代ホラー論を紹介したい。(編集部)

■『13日の金曜日』はなぜ、若者たちの支持を集めたか?

 芸術性の高い『シャイニング』やVFXを駆使した『ポルターガイスト』など、80年代には比較的予算をかけたホラー映画があるが、ここで紹介したいのは低予算ホラー映画だ。トビー・フーパー監督やジョン・カーペンター監督など、80年代に商業的なメインストリームにいた映画作家たちが、それぞれ『悪魔のいけにえ』、『ハロウィン』という、70年代に伝説的な低予算ホラーを手がけていたように、その年代のよりハングリーなクリエイターが作るものが伝説となり、次の年代の潮流を作っていくのである。もちろん低予算映画には見るに耐えないようなものも多いが、苦しい製作状況があるからこそ、従来の方法論にはない新しい表現が生まれるのだ。

 ウェス・クレイヴン監督のスプラッター映画『鮮血の美学』(1972)を製作したショーン・S・カニンガムが、自身で「最恐」スプラッター・ホラーを監督しようと、謎の殺人鬼ブギーマンが連続殺人を繰り広げる『ハロウィン』(1978)の内容を徹底研究し、さらに殺害シーンを増やし刺激的なものとして世に送り出したのが、80年に発表された『13日の金曜日』だ。若い役者たちの演技や脚本、演出など、多くの点で荒削りで批評家に酷評されながらも、若い観客に熱狂的に支持され続編やスピンオフ作品が数多く作られた。

 13日の金曜日に、ジェイソンという少年が溺れて消息不明になったといういわくがある湖、クリスタルレイクのキャンプ地で謎の異常連続殺人事件が頻発。若者たちが次々に残酷な手口で殺されていくというのが本作の物語だが、ここには深遠なテーマなどは存在せず、ほとんど惨殺シーンによって観客にショックを与える、それだけの内容しかないといっていい。

 だが、特殊メイクを担当したトム・サヴィーニの手腕によって、ジェイソンの造形や、頭に斧が突き刺さったり矢で喉を突き刺されて血が飛び出すなど、彼の参加によって作品は飛躍的に表現力を底上げしている。一作目では若き日のケヴィン・ベーコンも、サヴィーニの仕掛けを使って壮絶な死に様を演じている。

 このようなショッキングなシーンの刺激に重きを置いたことで本作はイベント性を持ち、難しいテーマなどには興味のない若い観客を惹きつけた。登場人物たちが性行為をすると残忍な方法で殺されるという作品内のお約束もあり、殺人鬼の都市伝説、暴力、セックスなどの要素が呼び水となり、友達を誘い合ってわあわあ騒ぎながら楽しむという鑑賞スタイルを確固たるものとしたのだ。

 「PART2」、「PART3」、「完結編」、「新・13日の金曜日」、「ジェイソンは生きていた!」、「新しい恐怖」、「ジェイソンN.Y.へ」と、これだけの、基本的には同じような内容の続編が80年代、毎年のように作られ、同じように消費された。シリーズを通して人を殺しまくるジェイソンは、まさに『男はつらいよ』の寅次郎のように、定期的に帰ってくる馴染みの殺人鬼となったのだ。ちなみに、トレードマークとなるホッケーマスクは3作目から着用することになる。

 シリーズの作品群は、全体的な内容もそうだが、見せ場が前作とほぼ同じようなものになっていることも一度や二度ではなく、冷静に鑑賞すると、「一年待ってこれなのか…」と思わされる部分があるのも確かである。だが本作をイベントとして楽しんでいる観客たちにとって、それで十分良かったのだろうし、むしろ「それが」良かったのかもしれない。

 『13日の金曜日』の、テーマの希薄さと様式的内容に代表されるように、80年代は、世界的な政治の保守化のなかで、ものごとを深く考えずに楽しんでいこうという享楽的な雰囲気が蔓延していた時代でもあった。そのなかで映画を含む大衆文化は全体的な傾向として、難解な哲学性や社会的に深刻なテーマよりも、より表面的な刺激を求めていたといえる。

 その過程でホラー映画は、単に怖がらせるだけでなく、コミカルさを獲得しつつ観客を楽しませていくようになる。『13日の金曜日』とともにスプラッター映画ブームの火付け役となったサム・ライミ監督の『死霊のはらわた DVD』(1981)は、ホラーでありながら純粋に娯楽映画としての質が高い作品だ。高校生とヴァンパイアの戦いを描く『フライトナイト』(1985)や、ゾンビ映画を極度にポップ化させた『バタリアン』(1985)などに至っては、若者たちが殺害されたり女性出演者たちが胸をはだけたり、コメディー要素を含みながら様々な騒動が展開するが、登場する若者たちやモンスターたちがいまいち何をやりたいのか良く分からないまま物語が進んでいくことも多い。ザソプラノズ DVDそこにあるのは極度な様式化と、表層的な物語のポップ化である。

 このような80年代の感覚が、まさにいま映画の最先端の位置にあると言ったら、意外に思うだろうか死霊のはらわたリターンズ DVD。話題を集めたニコラス・ウィンディング・レフン監督の『ドライヴ』(2011)が、ネオンカラーなど80年代風の雰囲気を洗練させ、新しい作品として蘇らせたのをはじめとして、スリラー界の新鋭アダム・ウィンガードの、様々なジャンルを横断してゆくカルト作『ザ・ゲスト』(2014)、コミカルなホラー表現から無軌道な方向へ突っ走ってゆく『ゾンビスクール!』(2015)など、80年代要素にこだわったフェティッシュな作品が、むしろ先進的な位置の作家によって作られているのだ。

 これらの作品に共通しているのは、ある種の研ぎ澄まされた美意識である。たとえば、ニコラス・ウィンディング・レフン監督が、その後『オンリー・ゴッド』(2013)、"The Neon Demon"(2016)と、80年代要素を自己の作家性に取り入れ、懐古主義を超えた映像表現に昇華させているように、80年代作品の持つ表面的な魅力や形式性が新しい映像感覚に結びつくことで、文学的なテーマを超えた、より新しい映画の創造に貢献しているといえるだろうグリム シーズン5。80年代映画を振り返るとともに、その価値観が息づくムーヴメントにも注目することで、現在の作品もより楽しめるのである。

■小野寺系(k.onodera)
映画評論家。映画仙人を目指し、作品に合わせ様々な角度から深く映画を語る。やくざ映画上映館にひとり置き去りにされた幼少時代を持つ。
※ほかにも読みごたえのあるコラム&レビューが盛りだくさん!  


Posted by achile at 15:52Comments(0)

2016年08月15日

ユ・アイン&ビョン・ヨハン、『ドクターズ』ユン・ギュンサンにコーヒーの差し入れ

『ドクターズ』に出演中の俳優ユン・ギュンサンを応援するため、俳優ユ・アインとビョン・ヨハンが一肌脱いだ。
SBS月火ドラマ『ドクターズ DVD』の撮影現場にたくさんのエールが送られる中、ユ・アインとビョン・ヨハンも、ドラマ『六龍が飛ぶ』での共演を機に親しくなったユン・ギュンサンにエールを送った。
『六龍が飛ぶ』で李芳遠(イ・バンウォン)役を演じ、ユン・ギュンサンの護衛を受けていたユ・アインが、撮影現場にコーヒーを差し入れた。ユン・ギュンサンは、感謝の印にケータリングカーの前で、ヘアピンをつけたままキュートな表情で写真撮影を行った。ドクターズ OST
また、ユ・アインに続き、同じく『六龍が飛ぶ』で共演したビョン・ヨハンも、ユン・ギュンサンを応援するため、コーヒーのケータリングカーを現場に送り、変わらぬ友情を示した。
ユ・アイン、ビョン・ヨハン、ユン・ギュンサンは、SBSドラマ『六龍が飛ぶ DVD』での共演をきっかけに親しくなり、撮影終了後もビョン・ヨハンが出演するミュージカルを観に行くなど、多忙な中でも連絡を取り合い、友情を育んでいる。  


Posted by achile at 11:16Comments(0)

2016年08月12日

台湾スター・池端レイナが月9初出演で涙「本当に感激」

 日本と台湾で活躍する女優・池端レイナが15日放送の桐谷美玲主演・フジテレビ系連続ドラマ『好きな人がいること DVD』(毎週月曜 後9:00)に出演することがわかった。池端は桐谷演じるパティシエを目指す主人公・櫻井美咲や、山崎賢人演じる天才シェフ・柴崎夏向らイケメン三兄弟が働く海辺のレストラン・“Sea Sons”がコラボすることになる有名レストランの敏腕プロデューサー・大橋尚美役として登場。夏向の腕を買っておりかつて、夏向をシェフに誘ったことがあるという役どころだ。

 池端は日台合作映画『一分間だけ』(2014年)の出演をきっかけに台湾に渡り、バラエティー番組の総合司会、現在は人気ドラマ『美好年代』に主演中。火花 DVDモデルとして台湾版『ViVi』で日本人初の単独表紙を飾り、『LEINA』名義でCDデビューも果たすなど、台湾と日本を行き来しながら活躍の場を広げている。

 月9で日本のドラマデビューを飾ることとなった池端は「月9に出るということは私の大きな目標だったので本当に感激です。出演が決まったと聞いたときは、感動のあまり泣いてしまいました」と念願叶って大喜び。ロングバケーション DVD「台湾でもいまドラマで主演をやらせていただいているので、日本と台湾の両方で連ドラに出演できるという、私にとって本当に最高の夏になりました」とかみしめている。

 先週放送の第5話では、楽しみにしていた花火大会で思いを寄せていた柴崎千秋(三浦翔平)に振られてしまった美咲だったが、ラストには夏向から「俺がいるだろ」と抱きしめられる。第6話では千秋から高月楓(菜々緒)とやり直すことを聞かされた美咲が複雑な心境を抱く中、千秋はレストラン同士が期間限定で店を出すイベント、ダイニングアウトの企画を持ち込む。29歳のクリスマス DVDコラボ相手の有名店に打ち合わせに向かった美咲と夏向を出迎えたのはレストランプロデューサー・尚美だった。

 藤野良太プロデューサーいわく「世界でも注目されるプロフェッショナルなレストランプロデューサーであり、主人公・美咲の仕事面での成長に関わる登場人物」だという尚美。池端は「女性が仕事でたくさんの経験をしてきたからこそ出てくるオーラや強さをしっかりと演じ、ひとりの女性として憧れられるような女性を演じたいと思っています」と意気込んでいる。  


Posted by achile at 16:17Comments(0)

2016年08月10日

巨匠チャン・イーモウVS監督デビューの長女、最新作で今年12月に“親子対決”

2016年8月9日、中国映画界の巨匠チャン・イーモウ(張芸謀)監督と長女チャン・モー(張末)が、今年12月に“直接対決”をすることにになった。鳳凰網が伝えた。

9日、映画「28歳未成年」の記者発表会が北京市で行われ、メガホンを取った監督のチャン・モーをはじめ、俳優ウォレス・フォ(霍建華)、女優ニー・ニー(倪[女尼])ら出演者がそろって出席した。

「28歳未成年」はチャン・モーの初監督作品。カラット恋人 DVDニューヨーク大学の映画学科で学び、これまで父親チャン・イーモウ監督の下でスタッフを務めてきたが、この作品でいよいよ独り立ちすることに。また、公開予定日は12月2日と発表されたが、チャン・イーモウ監督の最新作「The Great Wall」(中国語タイトル:長城)も同じく12月に公開される。1989一念間 DVDこれで、チャン親子による直接対決が生まれることになった。

「28歳未成年」に主演したニー・ニーは、チャン・イーモウ監督の映画「ザ・フラワー・オブ・ウォー」(11年)で一般からヒロインに抜てきされ、大ブレークを果たしたときめき旋風ガール DVD。「ザ・フラワー・オブ・ウォー」では助監督を務めたチャン・モーだが、旧知の仲のニー・ニーだけに、「多くを説明しないでもスムーズに撮影が進められた」と語っている。  


Posted by achile at 15:00Comments(0)

2016年08月08日

ハマリ役のドミニク・クーパーに痺れる!「プリーチャー」

6月27日から7月10日まで、今年も2週間にわたって開催されたテニスのウィンブルドン選手権。試合観戦を目的にセレブたちも来場するのは、もはや例年通り。その中には海外ドラマ界のスターも多く、「シャーロック/SHERLOCK」の新シーズンが待たれるベネディクト・カンバーバッチをはじめ、「ゲームオブスローンズ シーズン6」からはソフィー・ターナー、メイジー・ウィリアムズ、アルフィー・アレン、チャールズ・ダンス、「ダウントン・アビー」からはマギー・スミス、リリー・ジェームズ、アレン・リーチ、「風の勇士 ポルダーク」のエイダン・ターナーなどの姿がありました。
そんな中、注目したいのは、スーツにショルダーバッグでの来場姿が妙に初々しかったドミニク・クーパー。現在、彼は「ウォーキング・デッド」や「ブレイキング・バッド」の米ケーブル局AMCが新たに放った「プリーチャー」の主演俳優として人気を集めています。

今年5月から全米放送が始まり、日本でもAmazonプライム・ビデオで配信中の「プリーチャー」は、ガース・エニス&スティーヴ・ディロンの同名コミックをドラマ化したものレイドノヴァン ザフィクサー シーズン3。企画・製作総指揮にはセス・ローゲンと相棒のエヴァン・ゴールドバーグ、そして「ブレイキング・バッド」の脚本家サム・キャトリンが名を連ねています。

主人公は、ドミニク・クーパー演じるテキサス州の牧師ジェシー・カスター。教会に来る人々の心を説教で動かすこともできない落ちこぼれ牧師のジェシーは、ある日謎の存在に憑依され、言葉で人を操る力を身につけます。そんな彼の前に、ファンキーな吸血鬼キャシディ(ジョセフ・ギルガン)やジェシーの悪党時代を知る元恋人のチューリップ(ルース・ネッガ)が登場。ザソプラノズ DVDジェシーは謎の力に翻弄されつつ、彼らや街の人々と運命を交錯させていきますが…。

ジェシーに宿った力は何なのか? ジェシーと彼を取り巻く人々はどうなってしまうのか? そんな謎を追いながら、ダークでユーモラスに物語が展開。設定はファンタスティックですが、バイオレンス描写あり、スパイシー過ぎるジョークありの大人向けドラマになっています。なかでもやはり注目すべきはドミニク・クーパーの存在感で、力を身につけたことでダメ神父から良くも悪くも変化していくジェシーがとにかくカッコいいですウェイワードパインズ シーズン2 。また、「『ビッグ・リボウスキ』は過大評価された映画だ!」と主張し、ジャスティン・ビーバーを密かに愛する吸血鬼キャシディとほんのりバディ状態にあるのが可笑しく、会話の1つ1つや登場人物たちの一挙一動にクスッとさせられるのもシリーズの魅力です。

今オススメの新ドラマは? と聞かれたら、間違いなく真っ先に挙げたい「プリーチャー」。ハマリ役を得たドミニク・クーパーに痺れるもよし、セス・ローゲンの敏腕クリエイターぶりにひれ伏すもよし。ぜひ楽しんでいただきたいシリーズです。  


Posted by achile at 17:27Comments(0)