2017年11月01日

チェ・ミンシク「興行を意識するより狂ったように演技したい」

俳優チェ・ミンシク(55)が、まさにジャンルそのものだ。

11月2日に公開される映画『沈黙』は、この命題を証明する作品だエターナル DVD。『沈黙』は、婚約者が殺されて、その容疑者として自分の娘が挙げられると、娘を無罪にするため独自の方法で事件を追う男イム・テサン(チェ・ミンシク)の話を描く。

法廷スリラーのようだが、実は全く別の物が描かれる。多少見慣れない感じがする軍艦島 DVD。観客の慣れない感情をなだめながらリードしていくのは断然チェ・ミンシクの演技だ。また、この映画はチェ・ミンシクとチョン・ジウ監督が『ハッピーエンド』以来18年ぶりに再会し、さらに注目されている。
エターナル DVD

1999年当時、青年だったし、新人監督だった二人は、大胆な痴情劇『ハッピーエンド』で韓国映画界にセンセーションを巻き起こしたマスター DVD。18年ぶりに再会した『沈黙』で再び栄光の再現に挑戦する。  


Posted by achile at 15:43Comments(0)