2018年02月08日

連続ドラマ週間“視聴熱”ベスト10を発表!「99.9―」が視聴熱、視聴率ともベスト3にランクイン

WEBサイト「ザテレビジョン」では、SNSや独自調査をポイント化し、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」を集計。1月29日〜2月4日の連続ドラマ週間視聴熱ランキングトップ10を発表した(※)。

1位を獲得したのは、2月2日に第4話がオンエアされた「アンナチュラル」(TBS系)。ミコト(石原さとみ)らが死因究明に奔走する中で描かれた被害者男性の家族愛が「泣けた」と反響を呼び、米津玄師が歌う主題歌「Lemon」に関するツイートも多数投下され、先週に続いて高ポイントを獲得。対する視聴率では11.4%で7位となった(視聴率は全てビデオリサーチ調べ、関東地区)。
トドメの接吻 DVD

2位にランクインしたのは「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」(TBS系)で、有森也実、近藤芳正らがゲスト出演僕だけがいない街 DVD。毎回注目が集まる小ネタでは、ゲストの迫田孝也が出演していた大河ドラマ「真田丸」(2016年、NHK)に関するものもあり、迫田も自身のTwitterで紹介した。視聴率は16.8%で3位にランクイン。
温泉若おかみの殺人推理 DVD

3位には、1月30日に第4話を放送した「FINAL CUT」(フジテレビ系)がランクインコードブルー3 DVD。慶介(亀梨和也)は12年前に母を追い詰めたカメラマン・皆川(やついいちろう)に制裁をくだし、さらに、母を犯人扱いした首謀者がついに明らかに。視聴率は先週と同じく6.5%を獲得した。

視聴率では、1位「わろてんか」(NHK総合)、2位「相棒season16」(テレビ朝日系)、3位「99.9―」がベスト3となり、「99.9―」以外は視聴熱と違う顔ぶれとなった。4位〜10位の視聴熱および視聴率ランキングは以下の通り。  


Posted by achile at 15:09Comments(0)

2018年02月08日

『スタトレ』ザッカリー・クイント、レナード・ニモイの後を継いで超常現象番組の司会進行役に

『スター・トレック』リブート映画シリーズで、レナード・ニモイの後を継いでスポックを演じているザッカリー・クイントザブリッジ DVD。そのザッカリーが、やはりレナードが司会進行役を務めた超常現象番組『In Search Of...(原題)』のリバイバル版で、司会進行・製作総指揮を担うことを、米Hollywood Reporterなど複数メディアが報じた。

世界中の未解明現象を紹介したオリジナル版の『In Search Of...』は、1973年に特別番組としてスタート。当初ナレーションを担当したロッド・サーリング(『トワイライト・ゾーン』)がこの世を去ったのち、1977年から1982年にかけて放送されたTVシリーズでは、レナードが司会進行役を務めたcsi サイバー2 DVD。また、2002年放送のリバイバル版では、『X-ファイル』のスキナー役で知られるミッチ・ピレッジが司会進行役を務めたこともある。

今回のリバイバル版は、米ヒストリーチャンネルの放送に向けて10話制作。エイリアンとの遭遇や、不可思議な生物、UFO目撃事件、時間旅行、人工知能を題材として、世界最大の謎にまつわる真実を探求する内容となるブラックリスト シーズン5 DVD。また、超常現象の目撃者/研究者のインタビューや、実演/実験シーンも盛り込まれるということだ。製作総指揮にはザッカリーのほか、ベン・シルヴァーマン(『アグリー・ベティ』『ジェーン・ザ・ヴァージン』)、ハワード・オーウェンズ(『ロア 〜奇妙な伝説〜』)ほかが名を連ねる。

製作発表にあたり、ザッカリーは「オリジナルシリーズの放送から40年の間に発達した科学技術を用いて、『In Search Of...』を再創造し新たな疑問や現象を探求することに、とてもワクワクしています目撃者 DVD。この世を去った友人のレナード・ニモイと同様、私たちが住む世界ひいては宇宙への飽くなき好奇心に敬意を表し、その好奇心を永続させていきたいと思っています」とコメントしている。  


Posted by achile at 10:35Comments(0)