2018年05月10日

名探偵コナン最新作「名探偵コナン ゼロの執行人」興収13億

劇場版名探偵コナン最新作「ゼロの執行人」が4月13日に公開されました。シリーズ第22作目にあたる本作のキャッチコピーは「真実を暴く者 VS 正義を貫く者 魂がぶつかり合う極秘任務(シークレットミッション)ミステリー」.劇場版第22弾となる今作は、「純黒の悪夢(ナイトメア)」での活躍も記憶に新しい、人気キャラクターの安室透がメインキャラクターとして登場。名探偵コナン ゼロの執行人 DVD

語は、開催を控えた東京サミットの会場である、新設の巨大施設エッジ・オブ・オーシャンで大規模な爆破事件が勃発するところから始まる。現場に残された指紋から、かつて警視庁に在籍していた毛利小五郎が犯人と断定。小五郎の無実を証明しようと真実を追求するコナンだが、彼の前に正義の味方であるはずの安室透が立ちはだかる。そんな中、サミット開催の日は大型無人探査機「はくちょう」が、地球に帰還する日であることが判明。迫るXデーに何が起こるのか。そしてトリプルフェイスを持つ謎の男・安室透は敵なのか、味方なのか。クライマックスに向けて“復讐のカウントダウン”が刻まれる。アイスと雨音 DVD

私立探偵としてコナンたちの前に現れた安室透。名推理を行った小五郎に弟子入りし、探偵事務所の下にある喫茶ポアロで働き始めることに。また安室は黒ずくめの組織で探り屋として働くバーボンという裏の顔を持ち、同じく黒ずくめの組織の一員であるベルモットと行動を共にすることが多い。そんな安室の本名は降谷零。警察庁の警備局警備企画課、通称公安警察に所属し、黒ずくめの組織に潜入する公安警察官としての顔こそが、彼の真の姿だ。子供の頃は「ゼロ」というあだ名で呼ばれていたという。〇〇な人の末路 DVD

4月14日~15日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィークを見据えた新作が続々と公開され、人気アニメシリーズの劇場版22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」が、期待通り首位スタートを切った。4月13日から全国384スクリーンで公開され、土日2日間で動員101万2000人、興収12億9600万円を記録し、圧倒的な強さをみせた。これは昨年の邦画の年間興収No.1で、シリーズ最高興収68.9億円をあげた前作「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の興収比100.7%の成績。公開3日間では動員128万9000人、興収16億7000万円を記録している。子どもから大人まで幅広い層が劇場につめかけており、前作を超え、劇場版シリーズ6作連続で興収記録更新が期待できる大ヒットスタートを切った。

  


Posted by achile at 16:32Comments(0)