2018年05月14日

優秀テレビドラマ「私たちのフランスの歳月」「飛天賞」の一等賞

中国テレビドラマの最高賞にあたる「飛天賞」の一等賞や、中国のエミー賞と呼ばれる「金鷹賞」の優秀テレビドラマ賞などを獲得した歴史大作を、どうぞお見逃しなく! 私たちのフランスの歳月 DVD

時は1919年、五四運動の期間中に留学先の日本から帰国した周恩来は、天津で学生運動に参加。デモ隊を指揮したことで半年間留置された後、働きながら学ぶという「勤工倹学」運動に参加し、鄧小平などと共に渡仏した。フランス共産党や労働者たちによる革命運動に触れた彼らは、国難にあえぐ中国を救済すべく、中国共産主義青年団欧州支部を立ち上げ、後に大活躍を遂げる…。華麗なるスパイス DVD

周恩来は1898年の生まれで毛沢東より5歳年下。戦前から中国共産党に参加して、長征中の遵義会議で毛沢東を支持してから、一貫してその信頼が厚く、時として牽制し合いながら、1976年の死去まで中国の指導者として活躍した。特に、中華人民共和国成立後は国務院総理として、1954年頃からインドのネルーなどと共に展開したアジア外交は米ソ冷戦のさなかの第三世界を台頭させる重要な役割を担った。毛沢東を中国の「建国の父」とすれば、周恩来は「建国の母」ということができるとする人も多い。また1949年からその死の76年までの26年間、国務院(内閣)総理大臣として務め、文化大革命でも失脚せず、「不倒翁」と言われた。 酔麗花 DVD

鄧小平は、現代の中国で最も重要な存在となった政治家の一人といえる。1904年に四川省に生まれ、洪秀全や孫文と同じく、客家の出身といわれている。1920年、16歳でフランス「勤工倹学」(働きながら学ぶこと)に参加し、パリなどで苦学しながら中国共産党に入党した。同じころ勤工倹学でフランスに渡り共産党の活動を始めた先輩が周恩来であった。1926年にはモスクワを経由し、27年に中国に戻ると、国民党による激しい弾圧が始まっており、広西地方でゲリラ戦を指導することとなった。長征中の35年、遵義会議では毛沢東を支持、それ以後共産党の中枢として、抗日戦争、国共内戦を戦い、特に八路軍の副指揮官としての活躍は広く知られた。1949年の中華人民共和国建国後は国務院副総理や党の総書記を務め、党の実務面で毛沢東を支えた。

  


Posted by achile at 15:55Comments(0)

2018年05月14日

『Ray Donovan レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』シーズン4 5月日本初放送

リーヴ・シュレイバー&ジョン・ヴォイト 2大俳優競演!!
父子の因縁の物語に、華やかなセレブの世界の裏側や濃密な家族のドラマが複雑に絡み合う、
米エンターテインメント界大絶賛の野心作、待望の『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー シーズン4 DVD』を二カ国語版&字幕版で独占日本初放送!

レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー シーズン4 』は、5月27日(日)24:00よりスーパー!ドラマTVにて放送開始。また、シーズン4の放送に先駆けてシーズン3を5月9日(水)29:00よりアンコール放送する。

2013年6月30日より、「デクスター」、「HOMELAND」など数々の人気番組を抱えるペイTVの米Showtime局で放送開始し、現在シーズン5まで制作されている人気TVシリーズ「レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー」。ハリウッドのセレブたちのトラブルを、あらゆる手段で手際よく淡々と解決していく凄腕のフィクサー、レイ・ドノヴァン。だが、20年ぶりに仮出所した父ミッキーの出現によって、レイの家族や周囲の人間たちはおおいに翻弄される——。父子の因縁の物語に、華やかなセレブの世界の裏側や濃密な家族のドラマが複雑に絡み合う本作は、スリリングかつ見応えのある注目のシリーズだ。スコーピオン シーズン3 DVD

一流の“仕事人”レイをクールに演じるのは、映画『スポットライト 世紀のスクープ』、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』に出演するほか、舞台ではトニー賞を受賞したリーヴ・シュレイバー。対するミッキー役で圧倒的な存在感と凄みを発揮しているのは、『真夜中のカーボーイ』や『帰郷』、『ナショナル・トレジャー』シリーズなどで幅広く活躍するオスカー俳優ジョン・ヴォイト。本作でゴールデングローブ賞(テレビ部門)助演男優賞を受賞したヴォイトとシュレイバーの演技バトルに加えて、『M★A★S★H マッシュ』のベテラン俳優エリオット・グールド、TV「Lの世界」のキャサリン・メーニッヒ、『おみおくりの作法』のエディ・マーサンなど個性的な実力派キャストが勢ぞろいしたアンサンブルも見どころだ。女医フォスター シーズン2 DVD

クリエーターは、「サウスランド」や『パブリック・エネミーズ』の脚本を手がけた才媛アン・ビダーマン。渇いたタッチにフィルム・ノワールを思わせるハードボイルド調でありながら極めて知的な作風は、傑作TVシリーズ「ザ・ソプラノズ」などに通じるものがある。製作総指揮には「クリミナル・マインド」のマーク・ゴードン、監督には「ザ・ソプラノズ」「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」のアレン・コールターらヒットメイカーが名を連ねている。 

  


Posted by achile at 15:47Comments(0)