2016年01月14日

放送終了「想像猫」ユ・スンホにとって愛猫の存在とは?

MBC every1ドラマ「想像猫 DVD」(脚本:ソ・ユニ、キム・ソニョン、演出:イ・ヒョンジュ)が12日に放送終了となった。

倒れている愛猫ポッギルを見つけたジョンヒョン(ユ・スンホ)は驚いて病院に連れて行ったが、医者から衝撃的な診断を受けた。

「残念ですが、もうこれ以上助ける方法はありません。残りの時間は少ないです。一日、いや二日ぐらいかな」その言葉に「そんなはずがありません!今朝まで元気だったんですよ!」とジョンヒョンは号泣した。ジョンヒョンは手術の代わりにポッギルと最後の思い出を作るため、家に連れていくことにした

そのとき、オ・ナウ(チョ・ヘジョン)が現れ、「ダメだよ。ここで別れられないよ。やっとハル(ポッギル)に再会したのに……このまま別れられると思う?ジョンヒョン、お願いだから、手術を受けよう」と哀願した。だが、ジョンヒョンは涙をこぼしながら病院から離れた。

以後、ジョンヒョンはポッギルとの別れを準備した。家にテントを張って星座のランプを見つめながら「猫星というのもあるのかな?」と言った。ポッギルは「人間、君も知ってるか?猫星。いつか偶然道で会ったおばあさんの猫に言われたけど、僕たちは時が来たら猫星に帰るらしい」と言った。

ジョンヒョンはポッギルに向かって「ポッギル。僕たち、あの星に願い事を言ってみようか」と言った。願い事を言いながらジョンヒョンは涙をこぼした。目が閉じてしまいそうなポッギルは「人間、今までありがとう。幸せだったよ」と言いながら目を閉じた。

翌日の朝、ポッギルはジョンヒョンの隣からいなくなった。家中を探していたジョンヒョンは箪笥を開けて涙を流した。

時が経った。日常に戻ってきたジョンヒョンとナウは写真を見ながらポッギルとの思い出を回想した。だが、心の中には依然としてポッギルを失った悲しみが存在していた。

そしてジョンヒョンが家に帰ってきたある日、机の下からポッギルの鈴を見つけてポッギルのことを思い出した。だが、自分の側にはもうポッギルはいないことを実感して我慢していた涙をこぼした。

以後、ウェブ漫画家として成功したジョンヒョンは、ポッギルが自分の人生においてどんな存在だったのか振り返ってみた。

「誰かと別れなければならなかったとすれば、それは誰かと愛していたはず。傷だらけだった僕にある日、あの子が訪れた。ポッギルにとって、誰かが一番必要だった瞬間、僕がポッギルを見つけたことが嬉しかった。けど、今になって思えば、僕がポッギルを見つけたわけではなく、ポッギルが僕を見つけてくれたような気がする。僕の傷を、心を癒してくれ、僕の夢に気づかせてくれた子」

ジョンヒョンはナウに会い、ナウは一人で自転車に乗れるようになると、「オ・ナウはヒョン・ジョンヒョンのことが好きだ。好きだよ、ヒョン・ジョンヒョン」と告白した。ジョンヒョンは微笑みで答えた。最後のシーンでは作業室でポッギルの鈴を見ながら笑うジョンヒョンの姿を最後に「想像猫」が終了した。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。