2016年03月17日

チソン、SBS新水木ドラマ「タンタラ」に出演確定…芸能事務所の代表を演じる

俳優チソンがSBSの新水木ドラマ「タンタラ」に出演を確定した。

17日、4月からスタートするドラマ「タンタラ」(脚本:ユ・ヨンア、演出:ホン・ソンチャン、イ・グァンヨン)側は「俳優チソンが新水木ドラマ『タンタラ』を引っ張っていく主人公シン・ソクホ役に出演を確定した」と伝えた。

「タンタラ」は元韓国最高の歌手エンターテインメント事務所KTOPの取締役であり、今はマンゴーエンターテインメントという新生芸能事務所の代表シン・ソクホのヒューマンサクセスストーリーで、現在のアルバム産業を背景に夢に向かって熾烈に走っていく者たちの感動的で愉快なストーリーを描いていく。

チソンは韓国最高のアイドルグループを育てた前韓国最大のエンターテインメント事務所KTOPの取締役のシン・ソクホを演じる。シン・ソクホは長い間共にしてきた人たちの裏切りと陰謀によって人生最高の瞬間にどん底に落ちる人物だ。

キルミーヒールミー DVD」「秘密」「ボスを守れ」「ロイヤル・ファミリー」など、さまざまなジャンルを行き来する抜群の演技力と魅了させられる魅力で出演する作品ごとにシンドロームを巻き起こしてきたチソンは「タンタラ」を通じて再びシンドロームを巻き起こすと期待される。

「タンタラ」に出演を確定したチソンは「シン・ソクホというキャラクターが魅力的で出演を決めた。演じがいがあると思う。これまで見せてきた姿とは違う姿をお見せしたい。4月に『タンタラ』でお目にかかる」と伝えた。

「タンタラ」側は、「信頼できる俳優チソンがシン・ソクホ役にキャスティングされた。天国と地獄を味わうシン・ソクホというキャラクターを完璧に演じられる幅広いスペクトラムをもつ俳優としてチソンしか思い浮かばなかったマイシークレットホテル DVD。チソンが出演してくれて制作陣としても心強い。一生懸命準備して4月、視聴者の皆さんとお目にかかりたい」と伝えた。

チソンが出演確定した「タンタラ」は映画「7番房の奇跡」走れチャンミ DVDを執筆したユ・ヨンア脚本家の新作で、ドラマ「ドラマの帝王」「美男<イケメン>ですね」のホン・ソンチャンプロデューサーと「ポッ!」を演出したイ・グァンヨンプロデューサーが一緒に演出を務め、全世代が共感できるドラマが誕生すると期待を集めている。

「タンタラ」は現在放送中の「帰ってきて、おじさん」の後番組として4月に韓国でスタートする予定だ。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。