2016年12月06日

『ザ・クラウン』直撃インタビュー:クレア・フォイ&マット・スミス編

今なお絶大な影響力を持つ英国女王エリザベス2世の知られざる素顔を浮き彫りにしていくNetflixオリジナルドラマ『ザ・クラウン』。1952年に25歳で即位して以来、女王として、エディンバラ公爵フィリップの妻として、母として直面する葛藤をドラマティックに描いている。本作から、製作総指揮・監督を務めるスティーヴン・ダルドリー、主演のクレア・フォイ(『ウルフ・ホール』)とマット・スミス(『ドクター・フー』)に話を聞いた。

『リトル・ダンサー』や『めぐりあう時間たち』の監督として知られるダルドリーは、『クィーン』の脚本家ピーター・モーガンとともに舞台『ザ・オーディエンス』でもエリザベス2世を取り上げていた。クレアはエリザベス2世、マットは彼女の夫エディンバラ公爵フィリップを演じる。2回目の今回はクレアとマットのインタビューをお届けしよう。

――この役を得た時のお気持ちは?

クレア:すごく興奮したわ。脚本家のピーター(・モーガン)はこの題材はお手の物だし、スティーヴン(・ダルドリー)は素晴らしい監督よ。彼らは普通の物語ではなく、非常に興味深くてユニークな作品を作りたいと考えていたの。それにワクワクしてオファーを受けたわ。

マット:同感だね。ピーターもスティーヴンも素晴らしい仕事をしてきたし、クレアと会えて、この作品に参加することがとても嬉しいよ。

――ご自身が演じた人物をどう見ていますか?

マット:僕が演じたフィリップは非常に葛藤を抱えた人物だ。1940年、1950年代の男性は今以上に家長としてしっかりした存在であることを求められていて、フィリップもそうあろうとしてきたわけだけど、妻が女王になったことで彼が成すべきことも変わっていってしまう。演じ甲斐のある役だよ。

クレア:エリザベスの若い頃についてはほとんど知らなかったの。だから、父親の死を受けて即位しなければならなかった時のことや、夫、母親や妹、国民との関係の変化は知れば知るほど面白かったわ。

――現在シーズン2の撮影に入っているそうですね。本作にはジョン・リスゴーやジャレッド・ハリスも出演していますが、これまでの撮影で印象的なエピソードを教えてください。

クレア:本当に素晴らしいキャストが揃っていて、みんなと一緒に仕事をするのは楽しいわ。クリエイティブで仲が良くて、現場の雰囲気がすごくいいの。そういうことって珍しいのよ(笑) でも、クレイジーなこともあったの。マットと一緒に、エリザベスとフィリップのロマンチックなシーンを撮っていた時、彼の乗っていた馬が突然暴れ出したの。

マット:そうなんだ。体格のいい男性がどうにか馬を止めてくれたんだけど、危ないところだった暴走地区 ZOO シーズン2。今回のキャストは本当に素晴らしいよ。特にジャレッドは、これが代表作になるような演技をしていると思う。

――スティーヴン・ダルドリーとの仕事はいかがでしたか?

マット:彼は素晴らしい監督だよ。ヴィジョンが優れていて、メガホンを取ったエピソードでも、いかに映画的な資質をもたらすかが見て取れると思う。俳優の演技を引き出すのもうまくて、彼が次に何を求めてくるのかが分からないことが俳優にとっては演技を形作っていくのに繋がるんだ。クレア、君の意見は?

クレア:スティーヴンは天才よ。本当に素晴らしい監督で、人間心理を深く理解しているから人の心をどうかき乱せばいいのかが分かっているの。優れたストーリーテラーで観客を作品世界にうまく誘うことができる。フィルムメイカーとしても一流で、編集方法、撮影のビジョンも見事よ。私たち俳優に対しては、セリフを全部忘れろと言ったり、私たち二人のセリフを逆にすると提案したりと、演劇も経験している人だから、様々なアプローチを試してくれるの。

――クレア、あなたが演じるエリザベス2世といえば、映画『クィーン』と舞台『ザ・オーディエンス』でヘレン・ミレンが演じていますが、そんな名女優が演じたこともある、有名な女王を演じるにあたって難しかったことは? また、『ウルフ・ホール』でアン・ブーリンを演じていますが、その経験はエリザベス2世に扮する上でどのくらい助けになりましたか?

クレア:ヘレン・ミレンは本当に素晴らしい演技をしていたわ。ただ、彼女は誰もが知っている近年の女王を演じなければならなかったのでより大変だったと思う。一方、私が演じる若い頃の彼女は現代ほど人目にさらされていなかったし、特に私の世代ではその頃の女王に対するイメージがないから、それほど大変ではなかったわ。ティーンスパイ KC DVDそれから、アン・ブーリンとエリザベスは...全く違うキャラクターよね(笑) アンは思ったことを口にするけど、エリザベスはそうじゃないから。ただ、どんな仕事でも前のものが次に繋がっていくわけで、自信だったり経験だったりという意味では助けになっている部分があるかもしれないわ。どちらのキャラクターを演じることも私にとっては挑戦だったし、勇気が要ったわ。

――マット、あなたは『ドクター・フー』という国民的なキャラクターを演じたことでも知られていますが、エディンバラ公のフィリップというこれまた有名な人物を演じるのとでは、どちらの方が難しかったですか?

マット:(微笑みながら)面白いことに、この二人にはみんなが思う以上に共通点があるんだ。二人ともエイリアン(「異星人」のほかに「異質の存在」という意味もある)でアウトサイダーだ。突然現れて、どこかに帰属したいと思っている一匹狼。フラーハウス シーズン2もちろん一人は実際にエイリアンで、もう一人は実在のプリンスであるわけだけど。ドクター・フーを演じたことは僕にとって素晴らしい経験だったけど、フィリップも演じていてすごく面白いよ。

――お二人の王室に対する印象は? 王室の誰かが本作を見たといった話は耳にしていますか? また、本作の出演を通して驚いたことがあれば教えてください。

クレア:英国らしさというのを象徴している存在よね。特にロンドンで生活していると、王室の人々が慈善活動に参加しているところをよく見かけるわ。驚いたのは、フィリップとエリザベスの間にこういう恋愛があったことね100 オトナになったらできないこと DVD。それまでは考えたこともなかったからすごく興味深かったわ。まだ若かりし頃の二人が恋に落ちていく過程を知るのは驚きでもあったし心が温まる経験だった。突然の即位によって叶わなかった二人の夢を思ったりね。

マット:英国王室や若い頃のフィリップについて知るために、それについて詳しく書かれたある著者の本を読んだよ。女王が本作をご覧になったかどうかは、多分僕らは永遠に知ることはないだろうね。王室関係者が見て面白かったとは言ってくれているみたいだけど。

英国君主としての苦悩と、妻であり母である一人の女性の情熱と葛藤が描かれる『ザ・クラウン』は、Netflixにてシーズン1が配信中。



この記事へのコメント
Nice Article :)

Check these out!

https://www.hellotoby.com/zh-hk//聘用/健美/推拿按摩
Posted by kahjerjerjer at 2018年09月27日 18:51
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。