2018年01月26日

C・ベールとO・アイザックの極限演技!大量虐殺事件の真実描く「THE PROMISE」特別映像

「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督が、「ザ・ファイター」のオスカー俳優クリスチャン・ベール、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」「エクス・マキナ」のオスカー・アイザックと組んだ最新監督作「THE PROMISE 君への誓い」の特別映像が、公開された。
キングスマン ゴールデンサークル DVD

約150万人が犠牲になったといわれるオスマン帝国によるアルメリア人大量虐殺にスポットを当てたヒューマンドラマ。アルメニア人医学生のミカエル(アイザック)、アメリカ人ジャーナリストのクリス(ベール)らの目を通して、虐殺の壮絶な真実をあぶりだすスターウォーズ 最後のジェダイ DVD。「ザ・ウォーク」のシャルロット・ルボンがクリスの恋人でミカエルともひかれ合うヒロイン、アナに扮している。

映像は、本編シーンとインタビュー映像で構成されている。ジョージ監督は、ミカエル・クリス・アナの関係について「2人ともアナを深く愛しているが、アナは2人を違った意味で愛している。昔ながらの三角関係だが、世界は戦争に突入するダークタワー DVD。キャラクター全員に危険が迫っていた。恋人たちは、出来事に引き裂かれる」と解説。3者の関係が、戦争によって激しく変容していくことを示唆している。

本編映像では、ミカエル・クリス・アナが関係を深めていく序盤の落ち着いたトーンから一転、ミカエルが強制労働に連れて行かれるシーンや、危険をかえりみず取材を続けるクリスが虐殺現場を目撃してしまうシーン、ミカエルが馬に乗った兵隊に狙撃され、追われるシーンなど、命の危険にさらされるさまが映し出され、3人を待つ過酷な運命を予感させるデトロイト DVD。決死の演技でミカエルになりきったアイザックは、「彼らは、歴史の波に飲み込まれていく。皆、願望も欠点もある普通の人間だ」と語っている。

「THE PROMISE 君への誓い」は、2月3日から全国公開。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。