2018年03月02日

先輩と男性の間…『ラジオロマンス』ユン・バク、キム・ソヒョンへのときめき

『ラジオロマンス』のユン・バクが描くビッグピクチャーが何なのか、関心が大きくなっている。

6日に放送されたKBS第2の月火ドラマ『ラジオロマンス DVD』第4話では、ユン・バク(イ・ガン役)とユン・ドゥジュン(チ・スホ役)の神経戦が続いている。 
ユン・パクは、PDの粗野な気質をしばらく隠して豪快な笑いでユン・ドゥジュンの無礼さを軽くあしらった。リターン DVD
企画チームを別に作って、与えられた台本と全く異なる原稿で初放送を進行したユン・ドゥジュンと力を入れた握手をして、お疲れ様と言ったりもした。韓国ドラマ Mother DVD
初めからユン・ドゥジュンとキム・ソヒョン(ソン・グリム役)をDJと作家として見た理由から全ての横暴を受け入れる本音まで、その企みが何なのか、興味がそそられた。

しかし平和はつかの間、放送の末尾の第5話の予告には、ラジオ局のスタッフらがユン・パクに向かって、「口だけのナマステだ!」と、悪態をつくシーンが映り、彼の横柄な気質が戻ったことを思わせる。アンタッチャブル DVD それだけでなく、この日の放送分では、キム・ソヒョンへの曖昧な気持ちをほのめかし、今後の展開に期待させる。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。