2018年05月07日

シェルドンの子ども時代「ヤング・シェルドン」シーズン2制作決定

マイクロソフト社の共同創業者で慈善家のビル・ゲイツが、大ヒットドラマ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」に、ゲスト出演することがわかった。

「ビッグバン★セオリー」は現在、シーズン11が全米放送中。また、17年に放送スタートした、シェルドンの子ども時代を描くスピンオフ「ヤング シェルドン DVD」(イアン・アーミテージ主演)は、シーズン2の制作が決定している。

本作は『ビッグバン★セオリー』でジム・パーソンズが演じたシェルドン・クーパーが主人公。敬虔なクリスチャンの母親と、フットボールチームでコーチをする父、そのチームメンバーでががさつな兄、しっかり者のシェルドンの双子の妹の5人でテキサス州東部で暮らす天才児シェルドン。若干9歳にして兄と同じ高校に通うほど知能の高い彼だが、社会性の低さから周りに騒動を巻き起こしてしまう様子を描いたストーリー。ミッドナイト・サン DVD

ヤング・シェルドン役を演じるのは、『ビッグ・リトル・ライズ 〜セレブママたちの憂うつ〜』に出演しているイアン・アーミテイジ。彼の母親メアリーを演じるのは、オリジナル版で同役を演じているローリー・メカトーフの実の娘であるゾーイ・ペリー(『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』)、シェルドンの父ジョージ役にランス・バーバー、シェルドンの双子の妹ミッシー役でレーガン・レヴォード(『モダン・ファミリー』)、シェルドンの兄ジョージ・Jr役でモンタナ・ジョーダンがキャスティングされている。女は二度決断する DVD

シリーズ化も既に決定している本作のパイロット版でメガホンを取るのは、『アイアンマン』シリーズでハッピー・ホーガンを演じ製作総指揮も務めたジョン・ファヴロー。大人版シェルドンのジムは製作総指揮として参加し、ナレーションも担当する。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。