2018年10月08日

永野芽郁主演「半分、青い。」最終週「幸せになりたい! 」

9月29日に最終回を迎えた永野芽郁さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」の総集編が8日午後1時半から放送される。各88分の前編と後編の2本立てで、3連休の最終日、約3時間にわたってたっぷりとドラマを振り返ることができる。

半分、青い DVD」は、大ヒットドラマ「ロングバケーション」(フジテレビ系、1996年)などで知られる北川悦吏子さんのオリジナル作品。71年に岐阜県で生まれ、病気で左耳を失聴したヒロイン・鈴愛(すずめ、永野さん)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜ける物語。

 永野さんのほか、佐藤健さん、松雪泰子さん、滝藤賢一さん、原田知世さん、谷原章介さん、矢本悠馬さん、奈緒さん、中村倫也さん、清野菜名さん、志尊淳さん、豊川悦司さんらが出演。“語り”は風吹ジュンさんが担当した。 ポリフェノールラブ DVD

第1回(4月2日)から最終回まで、全156話の期間平均視聴率は21.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出)を記録。その間、左耳の失聴にはじまり、マンガ家デビューするも挫折、結婚・出産・離婚、“おひとりさまメーカー”への転身と、鈴愛の人生はまるでジェットコースターのように激しく浮き沈みを繰り返し、視聴者から賛否両論さまざまな意見が噴出。特にSNS上では他に類を見ないほどの大きな盛り上がりを見せた。刑事モース シーズン4

最終週「幸せになりたい! 」
  
津曲(有田哲平)の改心によって、盗まれていた鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)が開発を進めていた扇風機の試作機が戻ってくる。いよいよ商品化するために鈴愛たちは投資家たちに向けて商品のお披露目会をしようと企画。ところが、お披露目会の最中に思いも寄らないことが起こる。突然のことに絶望する鈴愛たちであったが、律や津曲の支えもあり、再び扇風機作りを始める。そして、遂にそよ風の扇風機が完成する。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。