2018年11月12日

“嵐”の相葉雅紀『クレヨンしんちゃん』“嵐つながり”のコラボレーション

“嵐”の相葉雅紀が獣医師役を熱演している金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)と、そして“嵐”を呼ぶ5歳児・野原しんのすけが毎回大暴れしているアニメ『クレヨンしんちゃん 』(毎週金曜 後7:30)、“嵐つながり”のコラボレーションが実現した。23日の『クレヨンしんちゃん』で相葉演じる獣医師・高円寺達也と看板犬・ダイキチが登場するショートアニメ「オラとシッポと神楽坂だゾ」が放送される。クレヨンしんちゃん 爆盛! カンフーボーイズ~拉麺大乱~ DVD 

『僕とシッポと神楽坂』は東京・神楽坂にある“坂の上動物病院”を舞台に、コオ先生こと高円寺達也と、動物や飼い主たちとの心温まる交流を描く、癒し系ヒューマンドラマ。今回は“嵐つながり”だけでなく、“坂の上動物病院”の看板犬・ダイキチとしんのすけの愛犬・シロが“白いモフモフ犬”という共通点もあり、ドラマとアニメの枠を飛び越えてコラボすることに。宇宙戦艦ヤマト2202 DVD

 コオ先生とダイキチが登場するショートアニメ「オラとシッポと神楽坂だゾ」は、体調を崩した愛犬・シロを坂の上動物病院のコオ先生に診てもらった、しんのすけ。しかし、ダイキチとシロが“激似”だったことから、思いもよらぬハプニングが起きて…というおはなし。アニメもドラマ同様、キュートな癒し系ストーリーとなっている。兄に付ける薬はない DVD

 『クレヨンしんちゃん』のアフレコに初めて参加した相葉は、今回のショートアニメを見て、「これ、“激ムズ”ですね…」と緊張の面持ち。しかし、そこはさすが国民的アイドル・嵐のメンバー。リハーサルを重ねるごとにコツをつかんで上達し、すぐに声の張りもせりふのタイミングも完璧にこなしていった。ラストは「『クレヨンしんちゃん』らしく笑ってみて!」という監督からの“無茶ぶり”にもバッチリ対応。オンエアでは、相葉が披露した“しんちゃんらしい笑い声”にも注目だ。

 アフレコを終えてホッとしていた相葉のもとに、しんのすけが登場。相葉は「しんちゃん、初めまして!」と初対面を喜び、しんのすけも「相葉ちゃん~」とフレンドリーに話しかけると、「“嵐”つながりで、今日からオラも嵐のメンバーってことでいい~?」と強引にメンバー入りを要請する。

突然のおねだりに、相葉が「持ち帰って、メンバーと相談してもいい?」と戸惑っていると、しんのすけが「オラ、ダンスなら自信があるゾ」と、嵐のデビューシングル「A・RA・SHI」の「♪You are my SOUL! SOUL!」とキレッキレで踊って、猛アピール。その完コピダンスに触発された相葉も一緒に踊り出す…という、スタッフも想定外の“第2のコラボ”も実現し、相葉は「しんちゃん、スゴイよ!! この踊りは、もう“嵐”そのものだね!」とダンスを絶賛していた。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。