2019年01月03日

「ダーク・クリスタル」の前日譚『ダーククリスタル:エイジ・オブ・レジスタンス』2019年全世界同時配信

『セサミ・ストリート』などで知られるマペット界の巨匠ジム・ヘンソン、『スター・ウォーズ』ヨーダ役で知られるフランク・オズによる伝説の人形劇映画『ダーククリスタル』(1982)の前日譚を描く、Netflixオリジナルシリーズ「ダーククリスタル エイジ・オブ・レジスタンス DVD」の独占配信が、日本でもNetflixより正式にアナウンスされ、日本版の特別映像も到着した。豪華声優陣の集結にぜひ期待してほしい。

今回発表されたドラマシリーズ『ダーククリスタル/エイジ・オブ・レジスタンス』は、映画の数年前を舞台としたストーリー。主人公のゲルフリン族3人が、邪悪な支配者であるスケクシス族に隠された恐るべき秘密を知り、反乱を起こして世界を救うため旅に出るという。バビロン・ベルリン DVD

もちろん映画版同様、本作にも人間は登場せず、物語はクリーチャーだけで展開する。映画版を監督したジム・ヘンソンは1990年に没しているが、彼が設立したジム・ヘンソンズ・クリーチャー・ショップと、映画版でコンセプチュアル・デザイナーを務めたブライアン・フロウドがクリーチャーを新たに生み出すという。Netflixによって公開された映像では、最新のアニマトロニクス技術によって息を吹き込まれたクリーチャーの姿をほんの少しだけ見ることができる。殺人者への道 シーズン2

『ダーククリスタル/エイジ・オブ・レジスタンス』を監督するのは、映画『インクレディブル・ハルク』『グランド・イリュージョン』のルイ・レテリエ。彼はエグゼクティブ・プロデューサーも兼任するという。脚本は新鋭ジェフリー・アディス&ウィル・マシューズ、『ロスト』などのジャヴァイア・グリロ=マルクスアチが執筆し、ジム・ヘンソンが設立した「ジム・ヘンソン・カンパニー」がプロデュースを担当する。

Netflixオリジナル・コンテンツ製作部門のシンディ・ホランド氏は、伝説の人形劇の“35年越しの復活”に自信をにじませる。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。