2018年03月05日

『ミスティ』チョン・ヘジン、友達も、夫もすべて失って復讐心にぐらぐら

友達も、夫もすべて失った。
ドラマ『韓国ドラマ ミスティ DVD』のチョン・ヘジンが、理由ある黒化でキム・ナムジュを固く締めつけ始めた。

ケーブルチャンネルJTBCの金土ドラマ『ミスティ』で、持ったものがなく夫ケビン・リー(コ・ジュン)についてアメリカに渡った後、ビルの清掃までしながら彼をゴルフ界の神聖に作った糟糠の妻ソ・ウンジュ(チョン・ヘジン)。アンタッチャブル DVD苦労の末にケビン・リーと一緒に韓国にもどり、故郷に錦を飾ったウンジュは「毎日毎日がとても幸せで」と喜んだが、幸福は刹那で、続けて訪ねてきた苦痛は彼女を復讐心に燃えさせた。
韓国ドラマ ミスティ DVD

どんなインタビューにも応じないというケビン・リーが、ヘランの『ニュースナイン』に出た後、大韓民国の女たちが一番羨む女になったウンジュ。

すべてを失ったのも足りなくて、友達と夫の嘘を知って喪失感に復讐を始めたウンジュ韓国ドラマ クロス DVD。強弱を自由自在に調節するチョン・ヘジンの演技で、毎回登場するたびに視聴者の手に汗握るウンジュの活躍が続く『ミスティ』は2日夜11時、JTBCで第9話が放送される予定だ。  


Posted by achile at 14:55Comments(0)

2018年03月02日

チャン・グンソク&ハン・イェリ主演「スイッチ-世界を変えろ」初の台本読み合わせ現場を公開

チャン・グンソク、ハン・イェリ、チョン・ウンイン、イ・ジョンギル、チョ・ヒボン、チェ・ジェウォンなど、SBS「スイッチ-世界を変えろ」(以下、「スイッチ」)出演俳優たちの情熱が輝く、最初の台本読み合わせ現場が公開された。

韓国で3月から放送を控えているSBS新水木ドラマ「スイッチ」(脚本:ペク・ウンチョル、キム・リュヒョン、演出:ナム・テジン、制作:C-JeSプロダクション)は、合法と違法の境界を自由に行き来する“詐欺”を媒介にした、痛快でスリルのある寓話劇だこの人生は初めてだから DVD。詐欺師から検事に変身したサ・ドチャンの冒険と挑戦を通して、歪んだ社会を風刺する作品だ。2018年の春、楽しい笑いとスリル満点のストーリーで、お茶の間に新たな活力を吹き込むと見られる。

これと関連し「スイッチ」をリードしていく俳優たちと制作陣が初めて集まり、台本を読みながら共演した“アツアツ”の現場が公開された花遊記 DVD。先月7日、一山(イルサン)SBS制作センタードラマ練習室で行われた台本読み合わせでは、チャン・グンソク、ハン・イェリ、チョン・ウンイン、イ・ジョンギル、チョ・ヒボン、チェ・ジェウォン、クォン・ファウン、シン・ドヒョン、アン・スンファンなど“スイッチ軍団”は、4時間ほど続いた台本練習でそれぞれ個性満点のキャラクターを、爆発的な演技力で表現し、実践を彷彿とさせる渾身の熱演をした。

特にチャン・グンソクは、検事になるために司法試験を準備するほど、優れた頭脳を持っているが、検事になれなかった天才詐欺師サ・ドチャン役と、法と原則だけを守る典型的な検事ペク・ジュンス役を情熱的に演じたラジオロマンス DVD。キャラクターに対する悩みが多いとし、緊張感をあらわにして、異なる正反対の性格を持つ一人二役であるにも関わらず、全く違う人物としての感情を込め、現場の温度を高めた。

庶民、地方大学、女性という壁を実力一つで突破していく熱血検事オ・ハラ役を演じるハン・イェリは、徹底的に台本を研究して分析したかのように、オ・ハラ特有のはじけながらも豪快な語調を自然に披露した。卓越な眼目と広い学識を備えた美術界の大物であり、ピルギャラリー代表のクム・テウン役を演じるチョン・ウンインは、ギャラリー代表という優雅なイメージを持っているが、裏ではあらゆる悪事を行う二重的な面を上手に表現した。

説明不要な貫禄の俳優イ・ジョンギルは、元総理まで歴任した韓国の生きている政治の歴史であり、政治9段のチェ・ジョンピル役を重みのあるタッチで演じ、味のある演技のチョ・ヒボンは、サ・ドチャンと行動を共にするポン監督役になりきり、話し方と表情はもちろん、些細なジェスチャーまで駆使し、笑いを誘った。さらに、ソウル中央地検の検事長であるチョン・ドヨン役のチェ・ジェウォンは、台詞一つ一つに力を入れ、リアルな感情演技を披露した。

真剣に台本を読み息を合わせながらも、愉快なシーンではみんな拍手をして大きく笑うなど“スイッチ軍団”の熱いエネルギーが、現場を熱い熱気で埋め尽くした。

制作陣は「最初の台本読み合わせから、俳優たちが見せてくれた演技の呼吸が最強だった。『スイッチ』に対する情熱が本当にすごいということを改めて感じた」とし「2018年上半期、お茶の間に痛快な笑いを与え、胸がスカッとするような痛快なメッセージを伝える『スイッチ』を楽しみにしていただきたい」と伝えた。

SBS新水木ドラマ「スイッチ」は「怪しい家政婦」「必殺!最強チル」のペク・ウンチョル脚本家とキム・リュヒョン脚本家がナム・テジンプロデューサーと意気投合し、期待を集めている。SBS新水木ドラマ「スイッチ」は「リターン DVD」の後番組として韓国で3月中に放送される。  


Posted by achile at 16:07Comments(0)

2018年03月01日

「一瞬でも美しい」=平昌五輪「北京の8分」の女優リー・フェイアル、総合演出のチャン・イーモウ監督に感謝

2018年2月26日、平昌冬季五輪の閉会式で披露された「北京の8分」に出演した女優リー・フェイアル(李菲兒)が、総合演出を手掛けたチャン・イーモウ(張芸謀)監督に感謝の言葉を送っている孤高の花 DVD。新浪が伝えた。

今月25日に行われた平昌冬季五輪の閉会式では、次回の開催地・北京市を紹介するパフォーマンス「北京の8分」が披露された。2008年の北京五輪の開会および閉会式と同じく、中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督が総合演出を手掛けたこのパフォーマンスの中で、フィギアスケーターの子どもたちと一緒に、女優のリー・フェイアルが登場ろうやぼう2 DVD。顔を見せたのはわずかな時間だったが、パフォーマンスに登場した唯一の芸能人となり、「一瞬でも美しい」と早速ネット上で話題となった。

ネットユーザーの間からは、チャン・ツィイー(章子怡)やファン・ビンビン(范冰冰)といった国際的に知名度の高い女優もいるのに、なぜリー・フェイアルが選ばれたのかという疑問も浮上したが、これには大きな理由があるアイライクユー シーズン2。以前、芸能人がフィギアスケートに挑戦するリアリティー番組「跨界冰雪王」に出演したことがきっかけとなっている。

「跨界冰雪王」は、スケートには全く無縁の芸能人8人が登場し、中国の最強ペアとして華々しく活躍した申雪と趙宏博の2人をコーチに迎えて猛特訓を積み、技を競う番組。麗姫と始皇帝 DVD最初は氷の上に立つこともできなかったリー・フェイアルだが、熱意と根性で優勝を勝ち取り、番組に出演していたチャン・イーモウ監督を感動させている30歳のリー・フェイアルは、かつて韓国の芸能事務所の練習生だったが、その後は中国へ戻り女優として活動。25日、中国版ツイッターを通じてチャン・イーモウ監督へ感謝の言葉を送り、「このような貴重な機会を与えていただき、本当に光栄です。2022年、北京で会いましょう」とメッセージを発信している。  


Posted by achile at 17:06Comments(0)

2018年03月01日

『リターン』パク・チニ、演技悪評→好評に…コ・ヒョンジョンの真似はNO

『リターン』に合流したパク・チニの演技が、好評を得ている。
パク・チニは、SBSのドラマ『リターン』を降板したコ・ヒョンジョンの後任として合流、弁護士チェ・ジャへ役を演じている。 

パク・チニは14日のエンディングに初登場し、22日の放送から本格的に出演した。 チェ・ジャへの過去の秘密が解き明かされながらキャラクターと共にドラマのカラーが暗くなった。 これを髪をショートカットに変えたパク・チニは、カリスマ溢れる演技で消化した。

コ・ヒョンジョンが演じていたチェ・ジャへとはキャラクター自体が異なり、大衆に一層新しさを感じさせたバッドガイズ2 DVD。 パク・チニが、わざとコ・ヒョンジョンの真似をしているという悪評も立った。
そんな中、28日に『リターン』が放送された。 パク・チニと制作陣は、大衆の意見を積極的に取り入れた。 
特に、パク・チニが悪党を圧迫するシーンでの演技力が際立った。韓国ドラマ Mother DVD
カン・インホ(パク・ギウン)から招待されて悪党の集まりに出席することになったチェ・ジャへ(パク・チニ)、彼女は触法少年について話して彼らを圧迫したこの人生は初めてだから DVD。 パク・チニの過不足の無い演技は、共演者らと調和していた。 

代役としてドラマに合流したパク・チニは、紆余曲折の末にコ・ヒョンジョンの影を消し去った。 彼女の活躍に一層期待が高まった。  


Posted by achile at 15:23Comments(0)

2018年02月28日

門脇麦への皮肉な業界評…キス連発もドラマ視聴率不振

日本テレビ系ドラマ「トドメの接吻 DVD」(日曜午後10時半)が早くも“キス損”などとやゆされているという。同ドラマは山崎賢人(23)演じるナンバーワンホストが、キスで相手を殺す女、門脇麦(25)の手にかかり、死のタイムリープを繰り返すサスペンスだ。

「山崎は愛を信じず金と権力を愛するクズホストですアノネ DVD。門脇とは演出上、キスが必要なため、何度もキスシーンが繰り返し収録される。今回のドラマの見どころの一つは、まさにそのキスシーンですよ」(芸能プロ関係者)

 聞けば、1回の収録で2人が交わすキスは、リハーサルを含め100回以上にも上るというから驚きだ。
温泉若おかみの殺人推理 DVD

「ドラマは、初回から山崎と釈由美子や井上晴美との濡れ場がありましたが、色気という意味では門脇とのキスシーンにかないませんアンナチュラル DVD。とにかく2人のキスは濃厚でエロい。シズル感漂うキスなんですよ。リハーサルからガチ本番さながらのキスを繰り広げていますね」(同関係者)

 ところが、そんな体を張ったキスシーンを展開しても、残念ながら視聴率に跳ね返ってこない。1月7日の初回7・4%を皮切りに、第2話が6・5%。その後も6%台と7%台をほぼ行ったり来たり。25日に放送された第8話も6・5%だった。

「結果はすべてシングル視聴率のオンパレードですね。この状況に日テレも頭を抱えています。もっとも、あれだけキスを披露しても視聴率が上がらないのはちょっと気の毒ではありますが…。門脇は業界でキス損と言われていますね」(芸能関係者)

 ドラマ自体、一風変わったストーリーなので、視聴者がついていけないのかもしれない。悲願の2桁はかなうのだろうか。  


Posted by achile at 16:41Comments(0)

2018年02月28日

『ミスティ』、6話で視聴率7%突破…変わったチョン・ヘジン“ぞっ”

キム・ナムジュを守りに出たチ・ジニと違い、チョン・ヘジンのまなざしなど一寸先を予想できない『ミスティ(原題)』が、6話で視聴率7%を超える突風を起こした。

17日夜放送されたケーブルチャンネルJTBCの金土ドラマ『韓国ドラマ ミスティ DVD』第6話は、全国視聴率7.1%(有料世帯基準)をマークして自己最高記録を再び更新した。この日の放送では所信と原則まで曲げながら妻を信じるカン・テウク(チ・ジニ)と彼の強い世話にだけ依存しないで自ら自分の席を守ろうとするコ・ヘラン(キム・ナムジュ)にソ・ウンジュ(チョン・ヘジン)という新しい変数が登場した。この人生は初めてだから DVD
「あなたに受けたこと、私がそのまま返そうかと思って」と、夫婦の前に現れたウンジュの本心は果たして何だろうか。
花遊記 DVD

ケビン・リー(コ・ジュン)の解剖検査の結果、警察側がどのように決心するかにより検察に事件が送検されることもできる曖昧な状況が広がって、テウクはヘランのために一肌脱いだ。
アンタッチャブル DVD

自身を脅迫するケビン・リーのマネジャーを探し出して正面突破したヘランと、彼女を守るためにすべてを賭けたテウク。そして2人の前に意味深長な笑顔で現れたウンジュの話で新しい緊張感を加えた『ミスティー』は23日夜11時、第7話が放送される。  


Posted by achile at 12:09Comments(0)

2018年02月27日

「ミスティ」チョン・ヘジン、キム・ナムジュへの復讐に拍車…チ・ジニに接近

23日に韓国で放送されたJTBC金土ドラマ「韓国ドラマ ミスティ DVD」では、コ・ヘラン(キム・ナムジュ)に復讐するためにカン・テウク(チ・ジニ)を誘うソ・ウンジュ(チョン・ヘジン)の姿が描かれた。

ウンジュはヘランと会うことにした場所に事前に知らせずテウクを呼んだ理判事判 DVD。その場でウンジュはテウクにファンイル鉄鋼がケビン・リー(コ・ジュン)の広告に対する違約金を請求したとし、弁護を頼んだ。

テウクは「僕は専門家ではないので、他の人を紹介する」と言って断ったが、ウンジュは訴えた。
リターン DVD

ヘランは自身のスキャンダルを懸念してテウクに「ウンジュを助けて」と促した。
韓国ドラマ ミスティ DVD

その後、ウンジュはテウクを夕食に誘って誘惑を始めた。  


Posted by achile at 14:14Comments(0)

2018年02月26日

パク・ジニが本格登場「リターン」視聴率が小幅下落

SBS水木ドラマ「リターン DVD」の視聴率が小幅下落した。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、22日に韓国で放送された「リターン」の第17話と第18話の視聴率はそれぞれ12.2%、16.5%(以下、全国基準)を記録したあなたが眠っている間に DVD。これは第15話と第16話の12.8%、17.0%よりそれぞれ0.6%、0.5%下落した数値だ。
ハッピーシスターズ DVD

この日の放送では、コ・ヒョンジョンの代わりにチェ・ジャへ役として合流したパク・ジニが本格的に登場したジャグラス DVD。チェ・ジャへの隠された過去のストーリーが描かれた。

一方、同時間帯に放送されたKBS 2TV「推理の女王」シーズン1まとめは3.8%の視聴率を記録した。  


Posted by achile at 15:26Comments(0)

2018年02月24日

“興行クイーン”ソン・イェジン『いま、会いにゆきます』で再び“メロクイーン”に

女優ソン・イェジンが再びメロ映画に出る。訪れる春の香りが、ソン・イェジンを通じてスクリーンを満たすようだ。

ソン・イェジンがメロ映画『いま、会いにゆきます』(監督:イ・ジャンフン)で観客の元を訪れる軍艦島 DVD。映画は、ホワイトデーの3月14日に公開される。恋人の愛が注目されるシーズンに合わせて、感性的なメロ映画が公開されることになった。
エターナル DVD

韓国映画でも有数の“興行クイーン”ソン・イェジンは、特にメロジャンルにおいて優れた実力を見せてきたコンフィデンシャル DVD。2016年、ワントップ主演の『ラスト・プリンセス』では559万人の観客を呼び集め、興行的に成功させた。こうした中、最近の韓国映画はメロジャンルの干ばつ状況で、ソン・イェジンが『いま、会いにゆきます』を通じて、どんな興行的な成果をもたらすかも期待されている部分だ。

映画の中、ソン・イェジンが出会うパートナーもメロに関する“実力者”として認められているソ・ジソブだザキング DVD。すでに映画やドラマなどを通じてメロとロマンスジャンルで数多くの成功を収めたソ・ジソプは、ソン・イェジンと映画では初めて息を合わせる。  


Posted by achile at 15:11Comments(0)

2018年02月23日

『宮合』シム・ウンギョン「イ・スンギの演技成長見て刺激された」

女優シム・ウンギョンが、映画『宮合(相性)(原題)』の中の俳優を陰陽五行にたとえて語った。

21日、ソウル・龍山(ヨンサン)のCGV龍山店で、映画『宮合』のマスコミ配給試写が進行されたザキング DVD。演出を務めたホン・チャンピョ監督と俳優シム・ウンギョン、イ・スンギ、ヨン・ウジン、カン・ミンヒョク(CNBLUE)、チョ・ボクレが参加した。

『宮合』は宮中の決まった婚礼を拒否するソンファ翁主(シム・ウンギョン)とそれぞれ違った四柱を持っている花婿候補らの相性を見るために宮廷にやってきた天才暦術家ソ・ドユン(イ・スンギ)の運命を描いた話だ。
それだけが私の世界 DVD

劇中、ソンファ翁主役を演じ、イ・スンギ、ヨン・ウジン、カン・ミンヒョクなどと演技の息を合わせたシム・ウンギョンは、相手俳優を陰陽五行にたとえて話し、説明してほしいという質問を受けた。

彼女は「イ・スンギさんは火、炎のような俳優と考えた。情熱にとても驚いた」とし、「本人が持っている演技欲と成長をそばでたくさん感じた。それがとても私に大きな刺激になった」と、話したコンフィデンシャル DVD。引き続き「私も奮発しようとしたし、良いシナジーをたくさん得た」と、振り返った。

ヨン・ウジンに対しては「水。水のように滑らかに流れて流麗な方だと思うが、強烈な水の流れがあるのではないかエターナル DVD。その中に決断力があって本人だけの良い意地もある。それはやはり良い刺激になった」と、話した。

カン・ミンヒョクを示しては「木、木のようにとても特有の清明さと青さがよくにじみ出た俳優ではないかと思う」と答えた。彼女は「青春が持っている顔であるようだ」とし、「高い木を見れば仰ぎ見るのではないか。そのような木であるようだ」と、答えて拍手を受けた。  


Posted by achile at 15:27Comments(0)