2016年05月20日

「LEFTOVERS/残された世界」最終シーズンはオーストラリアが舞台に

第3シーズンで終了することが発表されているテレビドラマ「LEFTOVERS/残された世界 シーズン2」が、ロケ地とストーリーをオーストラリアに移すと The Hollywood Reporter が報じた。

 同ドラマはトム・ペロッタの同名小説をテレビドラマ化したもの。ある日突然、世界中で全人口の2%の人がこつぜんと姿を消してしまい、残された人々が不安と喪失感を抱えて生き続けなければならない姿を描く。

 第1シーズンは架空のニューヨーク郊外の町メープルトンを舞台にし、第2シーズンはテキサス州にあるミラクル・ナショナル・パークを舞台にストーリーが展開していたシェトランド シーズン2。第3シーズンは、テキサス州からスタートするが、その後オーストラリアに移るとのこと。

 TV Line によると最終シーズンは8エピソードを予定しており、パティ・レヴィンを演じているアン・ダウド以外、レギュラーのほぼ全員が戻ってくるらしいお葬式から事件は始まる DVD。また、ジャスティン・セロー演じるケヴィン・ガーヴィの父親役のスコット・グレンがレギュラーに昇格したという。

 企画・製作総指揮のデイモン・リンデロフは、「非常にあいまいで、超感情的な終わり方にする」と以前に語っていたが本気だったかどうかは不明だ。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。