2016年02月29日

『ダウントン・アビー』ダン・スティーヴンスの新作ドラマが決定

ダウントンアビー シーズン5 』のマシュー役で知られるダン・スティーヴンス。アメリカのネットワーク局の多くから狙われていると先日お伝えした彼の新作ドラマが決まったことが分かった。米Varietyなどが報じている。

ダンが出演するのは、米マーベルがFOXエンターテイメント・グループ傘下のケーブル局FXで立ち上げたTVドラマ『Legion(原題)』。物語の主人公デヴィッド・ホーラーは、十代の頃から精神障害に悩まされ、統合失調症と診断されたことから、病院の入退院を繰り返してきた。しかし、別の患者との奇妙な出会いを通して、今まで幻覚・幻聴と思っていたものは、実は現実だったのではないかと思い至るようになる...。

なお、マーベルのコミックでは、デヴィッドは、ミュータント集団X-MENの創設者プロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)と、ホロコーストの生き残りであるガブリエル・ホーラーの間に生まれた息子、という設定だ。

ダンのほかには、『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』のオーブリー・プラザ、『24 -TWENTY FOUR-』のジーン・スマートなどが出演。

パイロットの脚本と製作総指揮を担当するのは『FARGO/ファーゴ シーズン2』のノア・ホーリー。このほか、ローレン・シュラー・ドナー(『X-MEN: フューチャー&パスト』)、ブライアン・シンガー(『スーパーマン リターンズ』)、サイモン・キンバーグ(『オデッセイ』)などが製作総指揮に名を連ねる。

ダンは本作以外では、アン・ハサウェイ(『プラダを着た悪魔』)共演のアクションスリラー『Colossal(原題)』、エマ・ワトソン(『ハリー・ポッター』)共演の『美女と野獣』のリメイク版、レベッカ・ホール(『パレーズ・エンド』)共演のロマンチックコメディ『Permission(原題)』といった映画が待機中。  


Posted by achile at 15:37Comments(0)

2016年02月26日

女装癖に超ポジティブ男…「お義父さんと呼ばせて」 視聴者に好評のワケ

初回視聴率が1桁ながら第6話で最高の10・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、ジワジワと盛り上がりを見せている深田恭子主演のTBS系ドラマ「ダメな私に恋してください DVD」(火曜午後10時)の裏で、ひそかに視聴者の満足度が高いまま推移しているのが、遠藤憲一・渡部篤郎の主演のフジテレビ「お義父さんと呼ばせて」(火曜午後10時)だ。

 28歳の年の差カップル(遠藤憲一と蓮佛美沙子)が、51歳で同い年の義父と結婚をめぐってバトルを繰り広げるホームコメディ。視聴率は裏の「ダメ恋 DVD」と反比例するように初回9・6%から第5話で4・7%と落ち込んでいるのだが、データニュース社(東京)が行っているテレビ視聴アンケート「テレビウォッチャー」(対象3000人)の満足度によると、初回満足度は3・88(5段階評価)と高満足度基準の3・7を上回り、民放ドラマトップのスタートを切った。平均満足度(22日までで集計)は3・90と、「ナオミとカナコ」(フジテレビ)の3・91に次ぐ2位の高数値を記録。その好評の理由は多彩な脇役たちだ。

 これまでの強面キャラから一転し、コミカルな表情を見せる主演の遠藤憲一や渡部篤郎の演技はもちろん、自由な行動で家族をかき回す紀一郎の父・昭栄(品川徹)や、実は女装癖という衝撃の秘密が暴露された長男・葉理夫(中村倫也)、そして美蘭(蓮佛)に何度も告白してはフラれる超ポジティブ男・砂清水(山崎育三郎)など、結婚をめぐるコメディというシンプルなテーマの外で描かれる脇役たちが多彩で、連続ドラマとして飽きさせない工夫が成功している。

 視聴者が寄せた回答からも「セリフは少ないですが、おじいちゃんの存在感が素晴らしい」(65歳女性)、「お兄ちゃんの女装をした姿が可愛かった。」(63歳女性)、「砂清水のコミカルな演技が楽しかった」(43歳女性)、など主演以外のコメントが多いのも特徴。毎週放送される連続ドラマだからこそ、主人公だけではなく脇のキャラクターたちの活躍も重要だ。  


Posted by achile at 15:56Comments(0)

2016年02月23日

マーベル異色のヒーロー『デッドプール』が1億ドル超の堂々首位 - 北米週末興収

米BOX OFFICE MOJOは2月12日~2月14日の全米週末興業成績を発表した。

『X-MEN』シリーズに登場する異色のヒーロー・デッドプールを主人公にしたスピンオフ映画『デッドプール』が初登場1位にランクイン。初週の 週末興収だけで1億3,505万ドルと1億ドル超えを叩き出し、早くも大ヒットの兆しを見せる。

癌の治療のために“ヒーリング・ファクター”と呼ばれる物質を体内に入れたことで回復能力と不死を手に入れたウェイド・ウィルソン。時に英雄にも悪役にもなる異色のアンチヒーローが、自分を実験台にした研究者たちに復讐を決意することから物語が始まる。ウェイド役は『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でもデッドプールを演じたライアン・レイノルズ。『トランスポーター』新シリーズに主演のエド・スクレイン、『ホームランド シーズン5』のモリーナ・バッカリンなど個性派が脇を固める。

前週トップの『Kung Fu Panda 3(原題)』は3週目にして2位に転落。累計興収は9,391万2,387ドルと1億ドルの大台突破が目前に迫る。

3位に初登場の『How to Be Single(原題)』は、日本でも2009年8月に公開された『そんな彼なら捨てちゃえば』の製作スタッフが手掛ける新作で、同作と同じリズ・タシーロの小説『ひとりな理由はきかないで』を原作とする、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のダコタ・ジョンソン主演のラブコメ。38歳の独身ヒロインが、世界各地のシングル女性の本音を取材する旅を通じて国の習慣や文化の違いに驚きながらも各地で恋をし、幸せ探しを続ける物語だ。

4位『Zoolander 2(原題)』も今週初登場。2001年の『ズーランダー』の15年ぶりの続編で、ベン・スティラーが監督・主演で復活。ファッション界を舞台に今回もハチャメチャ劇を繰り広げる。

5位『レヴェナント: 蘇えりし者』、6位『Hail, Caesar!(原題)など以下は前週と変わらぬラインナップで、初登場作品に押し出されるかたちでそれぞれ順位を下げている。  


Posted by achile at 18:02Comments(0)

2016年02月22日

TBSの猛烈な「ディーン・フジオカ祭り」の成果で、深キョン主演ドラマの視聴率がついに2ケタ台到達!

視聴率1ケタ台が続いていたTBS系の深田恭子主演ドラマ『ダメな私に恋してください DVD』(火曜午後10時~)が、第6話(2月16日)で10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)をマークし、ついに初の2ケタ台に到達した。



長い道のりだった。初回は9.0%でスタートし、以後、第2話は9.3%、第3話は8.2%と推移。第4話は自己最高の9.8%まで上げ、2ケタ台まで、あと一歩のところまで迫ったが、第5話は8.7%と再び降下していた。初回から5週連続1ケタ台となると、さすがにもはや10%超えは不可能かとも思われたが、第6話目にして、待望の2ケタ台にたどり着いた。



その背景には、準主役であるディーン・フジオカの八面六臂の“活躍”があった。昨年末から、ディーンは同ドラマの番宣も兼ね、TBS系の情報、バラエティー番組に出まくったのだ。それは、『王様のブランチ』『ぶっこみジャパニーズ5』『A-Studio』『所さんのニッポンの出番』『あさチャン!』『白熱ライブ ビビット』『ひるおび!』『Nスタ』『林先生が驚く初耳学!』『ぴったんこカン・カン』『中居正広の金曜日のスマたちへ(現・スマイルたちへ)』……といった具合。18日には『櫻井有吉アブナイ夜会』に出演し、20日には再度『王様のブランチ』に登場する予定。



それは、まさしく「ディーン・フジオカ祭り」の様相。ブレーク中で今が旬のディーンだけに、各番組から引っ張りだことなったわけだが、当然ドラマの番宣の意味合いもあっての出演だったのだ。その効果は、なかなか出なかったが、ようやく第6話で、ひとつの目安である2ケタ台に達した。こうなってくると、ディーンは主役の深田以上の“貢献度”といってもよかろう。



TBSの「火10」ドラマがスタートしたのは、2014年4月期からだが、これまで全話平均視聴率が10%超えを果たした作品は、まったくなく、最高が『マザー・ゲーム~彼女たちの階級~』(15年4月期/木村文乃主演)の8.8%。単話で見ると、2ケタをマークしたのは『マザー・ゲーム~』最終回(第10話)の10.5%のみだった。つまり、今回の『ダメな私に~』第6話の10%超えは、同枠ドラマ史上2度目の快挙なのだ。



深田自身、14年10月期に主演した同枠の『女はそれを許さない』は平均6.1%と大爆死して、苦汁をなめている。それから、1年3カ月の月日を経て臨んだ今ドラマ。第6話までの平均は9.2%で、現時点で『マザー・ゲーム~』の8.8%を上回っており、同枠ドラマの過去最高視聴率(平均)をマークする可能性も十分。



バカバカしさ満点のラブコメディだが、作品自体の評価は上々。裏のフジテレビ系『お義父さんと呼ばせて』(遠藤憲一&渡部篤郎主演/火曜午後10時~)は、16日の第5話で4.7%まで落ち込み、『ダメな私に~』とは大差がついた。深田がもつ潜在視聴率に加え、ディーン人気をうまく取り込めれば、今後も2ケタをキープできるはずだが……。  


Posted by achile at 17:05Comments(0)

2016年02月19日

『ウォーキング・デッド』シーズン6後半、FOXで2月15日(月)より日本最速放送!

全米ケーブルTV史上最高視聴率を誇るパニック・サバイバルドラマ『ウォーキング・デッド』。そのシーズン6後半(第9話以降)が、FOXにて2月15日(月)21:00より日本最速放送となる。これは本国アメリカを含む世界125以上の国と地域でほぼ同時放送、米AMCでの放送からわずか11時間後のスタートだ。

"ウォーカー"と呼ばれるゾンビがはびこる黙示録的なアメリカを舞台に、元保安官のリック(アンドリュー・リンカーン)、ダリル(ノーマン・リーダス)ら生存者が、ゾンビや他の生存者たちとの闘いに立ち向かう姿を描く本作。

シーズン6前半では、壁に囲まれた平和な街"アレクサンドリア"に居を構えたリックたちと、元々の住民との間に生まれた確執、別の生存者グループによる襲撃といった怒涛のストーリーが展開された。リックが離れ離れになった仲間たちと再会できるのかはもちろん、ジェフリー・ディーン・モーガン(『SUPERNATURAL スーパーナチュラル シーズン11』)をはじめとする新キャラクターの存在も気になるところだ。

なお、シーズン6後半の放送に先駆けて、シーズン6前半(第1~8話)を2月7日(日)12:00~19:00に一挙放送するので、こちらもお見逃しなく。

ウォーキングデッド シーズン6』後半は、FOXチャンネルにて2月15日(月)21:00スタート。  


Posted by achile at 17:39Comments(0)

2016年02月18日

『超能力ファミリー サンダーマン』12月24日の放送はクリスマススペシャル企画を放送!

Eテレで毎週水曜日19:25より放送中の海外ドラマ『超能力ファミリー サンダーマン シーズン2』に、この冬スペシャルエピソードが登場する。12月24日放送の「犯人はダレだ?」の中では、「さかさま」な"何か"が16種類登場するという。壁にかかっている「アレ」だったり、庭に置いてある「コレ」だったり、小道具の「あんなもの」だったり・・・。はたまた、「あのひと」までがさかさまに!というおもしろ企画が放送される。

『超能力ファミリー サンダーマン シーズン2』はアメリカ・ニコロデオンチャンネルで2013年より放送中のファミリーコメディー。家族全員が超能力を持つサンダーマン一家。正義の味方として悪と闘ってきたパパとママは、「普通の暮らし」をするため、超能力を封印。家族以外の人がいるところでは、スーパーパワーは一切禁止という家族ルールを制定。14歳の双子・優等生フィービーとお調子者マックスはいつもケンカばかり。やんちゃなビリーとノーラは常にトラブルを巻き起こす。そんな4人のサンダーマン家の子供たちが、"超能力禁止"の約束を守れるはずもなく・・・。

本作にはキーラ・コサリン(声:桜庭ななみ)、ジャック・グリフォ(声:増田俊樹)ほかキュートで元気いっぱいのキャストたちが出演している。

また、おもしろ企画の第2弾として、2015年2月には、さらなるスペシャルエピソードが登場するという。ファミリーコメディ『超能力ファミリー サンダーマン』は、毎週水曜日19:25よりEテレで放送中。クリスマススペシャルエピソードは12月24日放送。放送終了後には、番組ホームページ上で答えが発表されるとのこと。
  


Posted by achile at 11:51Comments(0)

2016年02月16日

『ワンス・アポン・ア・タイム』シーズン3の予告編が登場!

白雪姫や赤ずきんといった誰もが知るおとぎ話のキャラクターが現代の世界と交差する、人気ファンタジードラマ『ワンスアポンアタイム シーズン4』。全米でも高い視聴率を誇る本作のシーズン3がリリースされるのに先駆け、その予告編が到着した。

さらわれたヘンリー(ジャレッド・S・ギルモア)を取り戻すため、エマ(ジェニファー・モリソン)やレジーナ(ラナ・パリーヤ)、ゴールド(ロバート・カーライル)はネバーランドへ向かう...。今回新たに登場するのは、この舞台を登場人物であるピーター・パンやティンカー・ベルのほか、人魚のアリエルや高い塔に閉じ込められたラプンツェルなど。

予告編の最後には、日本でも大反響を呼んだあの映画の人気キャラクターも登場するので、最後までお見逃しなく!

■『ワンスアポンアタイム シーズン3』 商品情報
<セル>
6月3日(金) コレクターズBOX part1(10,000円+税)
6月22日(水) コレクターズBOX part2(10,000円+税)
<レンタル>
6月3日(金) DVD Vol.1~6
6月22日(水) DVD Vol.7~11
※デジタル配信 6月3日(金)全話一挙配信  


Posted by achile at 17:53Comments(0)

2016年02月15日

「雪行」3月3日の韓国公開を確定…パク・ソダムが修道女役を熱演

俳優キム・テフン、パク・ソダム主演の映画「雪行_雪道を歩く」が3月3日の公開を確定した。

「雪行」(監督:キム・ヒジョン、制作:Inster、配給:Indieplug) はアルコール依存症の治療の為に山中の療養所に訪れたアルコール依存症患者ジョンウが、修道女マリアに出会い、だんだん治癒される過程を描いた映画だ。

映画「慶州」、ドラマ「身分を隠せ DVD」「愛するウンドン DVD」など、多様な作品を通じてリアルな演技を披露して観客たちの心を捉えたキム・テフンと「黒い司祭たち」で、忠武路(チュンムロ:韓国映画界の代名詞) のライジングスターとして浮上したパク・ソダムが出演し、さらに期待を集めている。

アルコール依存症患者ジョンウ役を務めたキム・テフンは、夢と現実が区別できないアルコール依存症患者の幻覚症状をリアルに演じ、公開前に映画祭で賞賛を受けた。パク・ソダムは、山中の療養所で暮らす神秘な雰囲気の修道女マリア役を演じて、これまでとは異なる演技を披露、忠武路の20代女優のパワーを誇示する予定だ。

演出と脚本を手掛けた監督キム・ヒジョンは、カンヌ映画祭の新人監督育成プログラムに選定、「13歳、スア」でデビューして世界的に演出力を認められた監督だ。

彼の3本目の長編映画である「雪行」は「全州(チョンジュ) 国際映画祭」の長編映画支援プログラムである「全州シネマプロジェクト2015」に選定され、すでに注目を受けた。

また韓国の最大自主映画祭である「ソウル自主映画祭」だけではなくチェコの「カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭」、スウェーデンの「ヨーテボリ国際映画祭」と共にアメリカ、インド、中国など全世界の映画祭に招待され、芸術性と作品性を同時に認められた。

全世界の有名映画祭で作品を認められた映画「雪行」は韓国で3月3日に公開され、観客たちに会う予定だ。  


Posted by achile at 17:04Comments(0)

2016年02月05日

ユ・アイン主演「六龍が飛ぶ」またも視聴率を更新!16.8%を記録

SBS月火ドラマ「六龍が飛ぶ」が自己最高視聴率を更新した。

3日、視聴率調査会社ニールセン・コリア(全国基準)によると、前日韓国で放送された「六龍が飛ぶ DVD」は16.8%の視聴率を記録した。これは前回の放送分が記録した「六龍が飛ぶ」の自己最高視聴率16.3%より0.5%高い数値だ。

この日の放送ではチョン・モンジュ(キム・ウィソン) を殺すイ・バンウォン(ユ・アイン) の姿が描かれ、善竹橋(ソンチュッキョ) の悲劇が放送された。

同時間帯に放送されたMBC「華やかな誘惑」は12.4%、KBS 2TV「武林学校 DVD」は3.3%の視聴率をそれぞれ記録した。  


Posted by achile at 11:10Comments(0)

2016年02月04日

ソンジュン&ハン・イェスル主演「マダム・アントワン」4月に日本初放送決定!

今月1月より韓国で放送がスタートする、人気俳優ソンジュン最新主演作「マダム・アントワン」が2016年4月よりDATVで日本初放送されることが決定した。
 
韓国ドラマ「マダム・アントワン」は「恋愛の発見 DVD」「抱きしめたい~ロマンスが必要~」などラブコメのヒットには欠かせないイケメン俳優ソンジュンと「美女の誕生 DVD」以来の復帰作となる女優ハン・イェスルがW主演の話題作。恋に夢見がちなニセ占い師と、クールで現実主義な心理学者が出会い「本当の愛とは何か」を模索してゆくという、これまでになく新しい心理ラブコメディーである。本国でも2016年の1月22日より放送が開始される最新作だ。
 
【あらすじ】
「愛を信じない」優秀な心理学者スヒョン(ソンジュン)はある日、自分の元を訪ねてくる相談者が減っていることに気付く。その原因を探ってみると、同じビルで商売をしている「マダム・アントワン」という人気占い師の存在があった。彼女の本名はヘリム(ハン・イェスル)。鋭い観察眼で他人の未来はピタリ言い当てることが出来るものの肝心の自分の行く末は全く見えない彼女は、まだ見ぬ「運命の恋」を夢見ていた。そんな彼女をうまくコントロールしようと、ある心理作戦を立てるスヒョンだったが……。
 
■番組情報
「マダム・アントワン」
放送日時:2016年4月(日時未定) ※3月に1話先行放送予定
話数:全16話
出演者:ソンジュン、ハン・イェスル、ジヌン(2AM)他
 
  


Posted by achile at 16:15Comments(0)