2017年07月18日

映画『コックリさん』、韓・中合作で8月帰還

韓・中合作プロジェクトに再び戻った恐怖スリラー『コックリさん:友達の呪い(原題)』が、8月公開を確定してティーザーポスターを公開した。
韓国映画 一日 DVD

『コックリさん:友達の呪い』は、ミステリーな事件を体験していたマンユン(シン・ジェイ)が、友達と一緒に母校で開かれたイベントに参加して広がる奇異で衝撃的な話を扱ったリアル恐怖スリラー映画だ。
代立軍 DVD

映画の中の重要な素材である“コックリさん”は友達と向かい合って座ってペンを持って呪文を唱える幽霊と対話をすることができる迷信から由来している。
『コックリさん』をタイトルにした映画は、2004年キム・ギュリ主演の『コックリさん』から以後4本の映画が製作されて韓国恐怖映画界に一線を引く人気シリーズに成長した王様の事件手帖 DVD。『コックリさん』の爆発的な反応に比べて後編のぬるい反応を突き抜けて韓・中合作で戻ってきて過去の名声を取り戻せるか成り行きが注目される。

公開されたティーザーポスターは幼い学生が手を取り合ってコックリさんの呪文を唱えている姿で注目をひきつける夢のジェーン DVD。よく知られている「コックリさん」の呪文と共にお皿を回す姿は今まで見られなかった中国のコックリさんの行為を現わしていて、本編に対する気がかりなことを誘発する。

「呪文を唱える瞬間呪いが始まる!」というコピーは、コックリさんの呪文が呼び起こす血の色の呪いを暗示して、息が詰まる緊張感をプレゼントすると同時に今後登場人物に起こる謎の事件に対する強烈な恐怖を予告している。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。