2018年08月14日

tvN週末ドラマ「ミスター・サンシャイン」第12話 あらすじ

「太陽の末裔」「トッケビ」の脚本キム・ウンスク、演出イ・ウンボクというコンビの新作、「ミスターサンシャイン」の放送が始まりました。

12日に韓国で放送されたtvN土日ドラマ「ミスター・サンシャイン DVD」第12話で、ク・ドンメ(ユ・ヨンソク)はイ・ワンイク(キム・ウィソン)の動きが怪しいと感じた。

工藤ヒナ(キム・ミンジョン)を危機から救ったク・ドンメが酒場に向かうと、そこにはユジン(イ・ビョンホン)がいた。 クリミナル・マインド:KOREA DVD

ク・ドンメは「アレン公使がイ・ワンイクさんとお酒を飲んでいる。イ・ワンイクさんとはなるべく絡むな。彼は朝鮮人ではなく日本人だ」とユジンにアドバイスをした。マッド・ドッグ DVD

ユジンが「君がそんなことを話すなんて、信頼性が感じられるね」と皮肉を言うと、ク・ドンメは「僕はあいにく最近、アメリカ人の鉄道技術者から依頼を受けてドルをもらった」と答えた。

これにユジンは「情報ありがとう」と話し、ク・ドンメにおつまみをおごってあげた。

  


Posted by achile at 16:07Comments(0)