2018年08月24日

イ・ソンミンの主演映画『目撃者』週末の興行1位

俳優イ・ソンミンの主演映画『目撃者』が、公開後初の週末ボックスオフィスで1位を獲得した。

韓国映画振興委員会の統計によると、15日に公開された韓国映画「目撃者 DVD」(以下、原題)が18〜19日の2日間に観客63万3308人を動員し、週末の興行1位を記録した。観客動員数の累計は136万5415人で、公開4日目の18日に100万人を突破した。

同作は、団地で起きた殺人事件を目撃した主人公サンフンの心の葛藤を描いた。サンフンは犯人の復讐(ふくしゅう)を恐れ警察に通報せずにいたが、犯人はほかの目撃者を殺害し、サンフンの家族までも脅かす。俳優のイ・ソンミンがサンフンを演じた。人狼 DVD

2位は61万6832人を動員した韓国スパイ映画「工作」。累計観客数は404万440人で、公開12日目の19日に400万人を超えた。Love, サイモン DVD

『目撃』のヒットはさまざまな面で注目される。総制作費70億ウォンで制作されて今年の夏の韓国映画ビッグ4のうち、最も少ない予算で作られた。『人狼 DVD』は160億ウォン以上、『神と共に‐因と縁』は約200億ウォン、『工作』は約190億ウォンが投入された。

そんな中、『目撃者』は前売り率も1位を記録しており、2週目の見通しも明るい。『目撃者』がどのくらいの底力を発揮するのか見守る必要がありそうだ。

  


Posted by achile at 15:59Comments(0)